人なんてさして重要でもない。

この世界には人以外にもたくさんの生き物がいてそれらと人間は共存しているのだから特段変わったことでもない。


人というのは意外と自分勝手だから、
あまり必要のない人間関係なんて作る必要が無いのだ。
頑張ることに意味はあると思うか?


たとえそれができなくても、
立ち上がる力になることくらいはあるのではないだろうか?




ピンチの時に声援や応援があれば、
少しくらいは力が湧くのではないだろうか?



本当に相手と戦うとき、
覚悟ができるのは、その人達の声があるからだ。
作業には、
一ミリのムダも許さない。



時間の無駄だし人生の無駄だ。
いわゆる、
ショートメッセージサービス。

略して「SNS」だが、
これは結構いいものだと思う。



コミュニケーションツールが増えてきた今、
老人でも普通にそういうツールで無料電話とかチャットを楽しむような文化になってきたのである。


むしろ、
そういうものに迎合することでいろんな人とのコミュニケーション方法が増えるのは願ったり叶ったりではないか。
誰とでも無料で話せたり、
誰とでもすぐに若者は知り合ってオフ会などに出られサークル活動も大人も出来るようになった。



今の時代、
そういうものでも幸せにやっている人がいることも、
また幸せなのだ。
仕事にしても何にしても、
職人技とも言えるような技術には惚れ惚れするものだ。



楽には手に入らないその技術は、
誰をも魅了するのだろう。