抜群


どんな仕事でも物事でも、
効果が抜群に発することがままある。



その効果の原因を探ることは困難かもしれないが、そういうのが人の運であることは間違いないのだろう。





そのラッキーパンチを、
自分のものにした人間がいたら、絶対に誰よりも強いと思わないか?
一人称をボクということ。




もし、
それが俺であっても、さして世界は変わらないだろう。



そして、この世界が人が人をどう呼ぼうとも変わることはない。


問題は、
その人がその人をどう扱うかである。
言葉は交渉手段である。
そして、
相手をどうするかは、
決断することである。
料理はスピード。

そう言われるのは昔からだ。
なんにせよ。
スピードは大事だ。

相手に合わせるのにもスピードがないと追いつけないし、行動力もそうすると決めた時のスピードが勝負である。
努力は続けることに意味がある。

その努力がなくなるとすぐに人は弱くなる。
続けていくことは困難だけど、
ずーっと続けていくことには成長という未来が待っている。
社会に出ると、
必ず先輩がいるものだ。


仕事先の先輩、
元々学生だったのなら学校の先輩も必ずいる。



その社会で学ぶことは学校よりも何倍も多い。
それが社会人というものだ。
どんな物語にも完結はあるものだ。



だからこそ、
人間の人生にも完結がある。




永遠につづく人生はないのだから、その完結するストーリーを、人は盛り上げなければいけないのだ。
一般人。

広く言えば世間一般全てのことを指す。
それは普通ということなのか波動として、
普通ならば、
普通に犯罪などはしないようにしないと、一般人を名乗れないのかもしれない。
人と相対する時、
時には意見が全く合わなくて疎遠になることがある。




それは別に悪いことではない。


元々
合わない人間というものは存在するし、
ウマが合わない人とはいずれ疎遠にどちらにしてもなるものだ。
仲良くなれる人もいる。仲良くなれない人も、またいるのだ。
仲が悪い相手は誰にでもいる。



だがその仲が悪い相手に対して、仲直りをするのかは本人たち次第だ。


別に仲直りしなくていいのならば仲直りしなくていいのだ。
人間はそんなによくできていないから、
頑張らなくても別にいいのだ。