人柄


人のことを語る上で、
人柄を話すのは理由がある。



人柄というのは、
その人の人格である。
それを聞いた他人は、すぐに「スゴい人なんだな」とか「いい人生だな」
なんて思ったりもする。




人の人生なんて、
他人が決めることだ。
その噂や情報や、他人から他人に伝わるものだから。
仕事とは洗練されていくものだ。



その洗練されていく上で覚えるのが、
「自分しか叶えられない仕事方法」だ。



自分にしか叶えられないことを会得したら、一人前っていうのは私も常日頃から思っていることだ。
人は環境に左右される。


いい環境ならいい仕事も人生も送れるし、
逆に悪い環境ならば相当に鍛え抜かれて途中で折れる人も出てくるだろう。



環境は大事だ。
自分の選びたい方を選んで、挑戦するといいだろう。
ビジネスのことを事細かく書いている本などがあるが、
正直言ってそれらのものは必要不可欠だろうか?



元々本というのはそういうものだが、
必要な人に必要なものをもたらしている。




もし、
ビジネスを始めたい人がいるのであれば、
本を読んでみてはいかがだろうか?
もちろん、
動画メディアやメルマガと行った手法もあるが、本は情報が整理されているため、非常にわかりやすいものだ。
大きな枠組で言えば、
人間は自然の中に存在する一種族である。

だから動物たちは自分たちと同じ弱肉強食だと思い戦いに降りてくる。

一方人間は私達のテリトリーには入るなと、
動物たちを遠ざけようとする。
人間はそんなに偉いものなのだろうか。
計算とは緻密でなければならない。



細かい計算と精密な頭脳は、どんな世界も渡り歩けるだろう。





事実、
計算能力は鍛えられるのだ。
まともに認められないことは悲しいものだ。


認められることに何かを感じるよりも、
認められることそのものが嬉しいと思うものだ。



私はだから思うのだ。
認めないことで相手に与えられる優しさがあるのではないだろうかと。