分別


人は睡眠中にそれらの情報を分別する。


人は必ず、
どこかで要らなくなったものを処分するし、
人は必ず、
どこかで整理整頓をしなければいろいろなもので埋もれてしまう。




人にとって、
これだけ必須なものはない。
物事を分別して考えるのは大事だ。
どんなピンチのときも、
諦めるべきではない。




戦いいや仕事には、
絶対にピンチでも助かる方法はある。





その戦いに、絶対に目を背けるべきではない。
ゴミを分別するように、
仕事とプライベートも分別しておくように使用。



シゴトもプライベートもどちらも大事だが、
分けておくことで唯一の時間の制御ができるとしたら、何倍も差がつく行為になるだろう。
自分に従事るものを眷属という。



その眷属とは支配ではなく、真っ当な従属関係である。


つまり、
その人間を信じて付き合うことである。





眷属というものは絶対的ではない。
だからこそ、
主従のよう主が強制的というわけではないのだ。
愛しているというと、
相手はどう思うだろう?

好きならば「私も」と言ってくれるかもしれないが、
嫌いならば絶対にそうは言わないだろう。


愛とは相手がいて初めて認められる行為だ。
圧倒的に強くても、
圧倒的に勝てることはない。


圧倒的というのは、それくらいに不完全なものだ。




すぐにその力には対策が打たれるし、その力を使わせない方法を仕込まれるだろう。

それくらいに、
強くなっても休まることはないものだ。
仕事を覚えられないのであれば、
スマホでもいいからメモをとることを覚えよう。



仕事内容を仕事終わりに復習しておくと、
その日に覚えられなかったことも意外とあるものだ。



仕事や買い物で覚えていられないと思う場合は、
メモを取って対策をすればいいのだ。
植物を栽培するのはいいことだ。


環境的に緑が多いのは安らぐし、緑は本当に心を落ち着かせる。




自然にあるものというものが少なくなってきている現在、
そういうものを育てるということが、もしかしたら人を癒やす一番の方法かもしれない。