気持ち


その人に何かしたいと思う感情は、
誰よりも素晴らしいものだ。

それをかなえられる力があればなお素晴らしいものだ。
人とは絶対的にそれを叶えたいと思い、
失敗するかどうかを永遠と試し続ける。


その感情は素晴らしいが、
それが他人の迷惑になってないかまでは考えておくべきだろう。
フルスロットル。




緊急時には絶対になければならないものだ。

別名火事場の馬鹿力。




限界を越えてみて初めて分かることがある。
火事場の馬鹿力も、
まだまだ全力じゃあない。
最強の一撃か。




最大の攻略法か。




どっちでもいい、
だが、
どっちかが最強でなければ絶対に最強には勝てない。
人のことを語る上で、
人柄を話すのは理由がある。



人柄というのは、
その人の人格である。
それを聞いた他人は、すぐに「スゴい人なんだな」とか「いい人生だな」
なんて思ったりもする。




人の人生なんて、
他人が決めることだ。
その噂や情報や、他人から他人に伝わるものだから。
戦っても戦っても特をしないのが戦いだ。

これに得を求めてはならない。
やればやるだけ無駄な犠牲は増えるのだから、戦いとは自分の誇りを誇示するための争いなのだ。
自分の殻を打ち破れ。


例えそれが小さいものであっても大きなものであっても、
現実にある概念を越えるのだ。




壁を打ち破るというのは、
そういうことによって世界が変わっていくことを言うのだ。
いわゆる、
精神を集中させて力を練ることを、
精神統一という。




その精神統一には、
リラックス効果というものもある。



脳というのは人にとって考えを巡らせるための重要なツールだが、
無心になりその物事だけに集中するには、
邪魔なものなのだ。