遊び


時には思いっきし遊ぶ。




遊びは楽しいものだ。
誰かと遊んだり、
誰かと旅行に行ったり一人で旅行へ行ったり。





遊びとは、
楽しむものだ。
その癒やしがないと、人間生きてはいけないのだ。
事実、
人っていうのは案外めんどくさがりなのだ。



人には必ず一定の性分的なものがあって、
その性分があっと的普遍性を生んで集団を形成しているのだ。





その中で目立つものがいるとしたら、
その普遍性から突拍子もない変わり方をした、人間たちなのだろう。
四季が変わるのは日本特有だ。


四季があるっていうのさえも日本ぐらいのものだ。
この特性のある国はかなり有用だから、
これだけは守っていきたいものだ。
人を助けるのに理由なんていらない。


助けたいから助けるのだ。
季節はよく流れるが、
その季節っていうのは、
流れているだけじゃない。




毎回訪れる季節には、必ず変化があり必ず毎回違った景色を写す。





それが、
四季のある日本という国だ。
人生に勝つことは必須だ。



どんなに負け犬人生でも、何かしらに勝っていなければ絶対に大人になっていないはずだ。



この世界は、
勝たなければ前へ進めないのだ。
まともに認められないことは悲しいものだ。


認められることに何かを感じるよりも、
認められることそのものが嬉しいと思うものだ。



私はだから思うのだ。
認めないことで相手に与えられる優しさがあるのではないだろうかと。
人は環境に左右される。


いい環境ならいい仕事も人生も送れるし、
逆に悪い環境ならば相当に鍛え抜かれて途中で折れる人も出てくるだろう。



環境は大事だ。
自分の選びたい方を選んで、挑戦するといいだろう。
常に最新であれ。




仕事も情報もプライベートも、常に新しくあれば、
人は新鮮さを保てるのだ。