解答


物事には、
簡潔に告げなければいけないような物事がある。



たった一瞬の迷いでも意味がなく、
その人に大変なことがあったときとか、誰かが何かしらの状態でまずかったりとか、
そういう状況がある。




人に対しての回答方法は、時と場合なのだ。
人は成長するが、
伸び続けるのは至難の業だ。




どうしても伸ばせる力には限界があるように感じるし、
年をとると更年期もあってどんどん気力も落ちてくる。



だが、
それを乗り越えたら、少しだけ前進する気がしないだろうか?
夢なんて持つべきではない。




というよりも、
私的には夢を持つのはいいがその夢を叶えようとする努力の必要があるのかということだ。
夢というのは努力せずして手に入れることはできない。



それと同じように、
どんな物事も成功するには努力しなければならない。
私もそうやって努力してきた。
例えば、
超能力が使えるとして、あなたは使ってみたいだろうか?




正直言えば、
特殊な能力ならばそれだけに暴走を止める力が必要だ。

だからこそ、
力とは、制御しなければならないのだ。
人にはそれぞれ。


落ち着く場所がある。
それは
家かもしれないし、
または仕事場かもしれない。




人それぞれが違う場所で生きるその世界で、
自分の居場所を見つけるのは、スゴく楽しそうだろう?
この現代社会において。


情報とは大事なものだ。
情報社会というくらいだからそれはもう大事だ。





それらを守る職業もあるし、
それらを管理する職業もある。
今の世の中とは、
情報でできている。
どちらが強かろうが弱かろうが、
それで決着がつこうがつかなかろうが一緒に生きていかなければいけないのが現実だ。




誰よりも強くても別に特別扱いはなく、
弱いものにはある程度の救済処置もあるほど平和なのだ。


だからこそ、
差別するのは良くない。
何事も、
平等に存在しているのだから、強さを否定する必要もなく、弱さを克服しないでいいわけでもないのだ。
どんな困難にも立ち向かおう。



どれだけ困難であっても、
とりあえずやってみたらクリアできるかもしれないし、もしくはクリアできるどころか失敗しても、
成果は少しはあるはずだ。
必要以外の者は最低限度にしたい。


最低限度のほうが動くと気楽だし、
さしてストレスなく過ごせるからだ。


世ではミニマリストと言われる人が増えている。
私はどっちかというと、
人生をミニマムにしていっている人だ。
昔は公衆電話と自宅電話だった。


それが
ガラケーになり
スマホになり
スマートウォッチになり、



次々と時代によって変わってきたのが、
「電話」というツールだ。
そのように、
人間も変わってきた。



原始時代には野生の動物を狩り
今ではパソコンで仕事をしている自分もいる。




人間ってのは、
常に変わって成長してきたものなのだ。
どんな力も、
最大パワーを出すと異常な領域の力になる。




例え一瞬で力尽きる力でも、
その一瞬が相手に当たればその威力は確実に相手を葬れるだろう。




一瞬の爆発力。
その甚大な威力だけは、絶対に避けなければならない。
生きるのならば、できるだけ可能性を突き詰めて生きていたいものだ。



常に可能性というものはどの行動にもあって、
常に生きている人間たちに存在し続けているものだ。


この可能性、
最終手まで読めれば、それはそれで最高である。
情報を守るということは大切だ。

例えば家族がいる時子供がピンチな時、
どうにもできないような自体があっては困るために親は全力で子供を守る。


その前準備として誰にも話さないことを設けている場合もある。
人間、
どんな情報もあまり他人に話すべきではない。
それが重要な情報だ。