気持ち


その人に何かしたいと思う感情は、
誰よりも素晴らしいものだ。

それをかなえられる力があればなお素晴らしいものだ。
人とは絶対的にそれを叶えたいと思い、
失敗するかどうかを永遠と試し続ける。


その感情は素晴らしいが、
それが他人の迷惑になってないかまでは考えておくべきだろう。
最大パワーで仕事をする。


いいじゃない。
その力強さでどんな困難も越えていくさまは、カッコいいじゃない。




最大パワーっていくらくらい人は出るのかな?
できれば、
誰よりも力強いエネルギッシュな人間になりたいものだ。
常識と戦え。


常に新しい世界があり、そして変化していく世界だ。




そしてそしてまたまた繰り返すことだ。

同じく成長してもその成長の差は経験した物事の差になる。

それくらいに、
人間とは新しいことに忠実であることを世の中で要求されるのだ。
愛情や友情など。

人からは様々な「愛」が得られる。
その愛とは全て人の気持ちからなるもので、その人以外からは絶対に同じ愛は得られないようにできている。
人のコピーは機械にもできない。


もし人間が機械に勝てるのならば、
その環状というものが唯一なのではないだろうか。
ケンカは止める必要がない。

仲裁すればいいのだ。
悪いことに対して何を言うのかは自由だし、ダメなことをダメで終わらせるよりも、
相手とぶつかって解決してみたらいいのだ。




その中で、
何かが生まれればそれでいいじゃないか。
失敗しても凹んでも、
また立ち上がって成功するといい。


でもね、
ただ成功しただけであれば、
失敗の恐怖も知らないし、絶対に人生は何かしら失敗するから、
立ち上がるのに苦労する。





失敗も立ち上がる強ささえあればまた立ち上がれる。
そうやって、
成功者は前に進んでいるんだ。
世界には二つある。






自分の世界と、
世の中の世界だ。
四季が変わるのは日本特有だ。


四季があるっていうのさえも日本ぐらいのものだ。
この特性のある国はかなり有用だから、
これだけは守っていきたいものだ。