努力


努力には価値がある。

それはつまり、
努力することで得るものはかならずあるということだ。
それにより得をすることで、
新しいことが出来るようになればなお嬉しい。


そのことだけが人を笑顔にさせるのだから、
人は成長することが素晴らしいことだと思うのだ。
物事には、
簡潔に告げなければいけないような物事がある。



たった一瞬の迷いでも意味がなく、
その人に大変なことがあったときとか、誰かが何かしらの状態でまずかったりとか、
そういう状況がある。




人に対しての回答方法は、時と場合なのだ。
人にはそれぞれ。


落ち着く場所がある。
それは
家かもしれないし、
または仕事場かもしれない。




人それぞれが違う場所で生きるその世界で、
自分の居場所を見つけるのは、スゴく楽しそうだろう?
行動はなるべく迅速に対処したほうが良い。


それは仕事だけではなく、
プライベートも全てだ。



後回しで厄介なことになることだってあるからこそ、行動はすべてスピード勝負くらいでいいだろう。
例えばケンカした時、
相手の真意がわかれば分かり合えることもあるだろう。


人というのは、
言葉でしか分かり合えないことがある。



人は人に聞かないと本当のことを知れないこともあるし、
それもまた、コミュニケーションなのだ。
人間の世界には、
「ある程度の質で状態を良くする」というテコ入れというものが存在する。


テコ入れはどこの世界にもあり、
その少しの作業はちょっとずつだが物事を効率的に動かしている。





そういうのが、
この名言集なのだ。
四季が変わるのは日本特有だ。


四季があるっていうのさえも日本ぐらいのものだ。
この特性のある国はかなり有用だから、
これだけは守っていきたいものだ。
誰だって人を恨む。


それは絶対的に存在する人間の欲望の先にあるものだから、
絶対にそれは止めることはできない。



人間なんてそんなものだ。
決して立派なものではない。
どちらが強かろうが弱かろうが、
それで決着がつこうがつかなかろうが一緒に生きていかなければいけないのが現実だ。




誰よりも強くても別に特別扱いはなく、
弱いものにはある程度の救済処置もあるほど平和なのだ。


だからこそ、
差別するのは良くない。
何事も、
平等に存在しているのだから、強さを否定する必要もなく、弱さを克服しないでいいわけでもないのだ。
人生にある時間は限られている。



その人の生きられる時間には限界があり、どれだけ抵抗しても寿命が来たら時間切れだ。






いつまでもゆったりとはしていられないのだ。
人とともに人は生きる。


常にそれが繰り返されて共存する現代が未来永劫人間の世界では出来上がってくる。




人は共存しなければ生きていけない。
その共存性は、必要不可欠なものなのだ。
性別っていうのは、
なにかしら意味があってつくものじゃあない。



性別とは、
その人が生まれるときにあるカテゴリー概念であり、
その性別は別に人生に影響するわけでもないしそれが理由で挫折することはない。





性別っていうのは、
それがあるから困るわけではないのだ。
人が物理的に不可能と思うものを、
証明するのは楽しそうだ。




何かしらの
意味や謎を解く探偵などは特に楽しそうな職業である。






人の世界には、
様々な謎がある。
それらは人を魅了し、そして人を楽しませる。