満足


健康は管理しているか?



体が満足行かなければなんの満足な行動もできない。


人は満足の行く高度ができてこそ楽しみを得られる。
それが、
本当の満足である。
自分の殻を打ち破れ。


例えそれが小さいものであっても大きなものであっても、
現実にある概念を越えるのだ。




壁を打ち破るというのは、
そういうことによって世界が変わっていくことを言うのだ。
どんなときでもハキハキと。


声は自分の心も他人の心も揺れ動かす。
その強い気持ちが、
さらに体を動かすのだ。
いつでも緊急事態を予測しておこう。



そのために保存して置かなければいけない耐力を温存し、
絶対的勝負のときに全力以上を出せるよう備えておこう。




そうすることで、
人生はもっと豊かになる。
どんな仕事でも物事でも、
効果が抜群に発することがままある。



その効果の原因を探ることは困難かもしれないが、そういうのが人の運であることは間違いないのだろう。





そのラッキーパンチを、
自分のものにした人間がいたら、絶対に誰よりも強いと思わないか?
何事も、
計算通りに行くことなど決してない。


あって
70%
なくて
0%
というのが現実だ。




絶対に思い通りになることなんてない。
絶対に、
自分の思った通りになることなんてないのだ。
何事も、
中継ぎっていうのは大事だ。



途中に何もないで受け渡されたら困るだろうし、
その続きには必ず途中経過がないと困る。




つなぐとは、
そういうことである。
人を助けるのに理由なんていらない。


助けたいから助けるのだ。
本当に強いものと戦うとき。

気づいた時には負けているなんてことがままある。
これが本当に強いものと弱いものの力の差かと思うくらい確実な差である。



相手のスピードに追いつけないのも理由ではあるが、
最も大きな原因は、
ただ単純にその人間の実力が圧倒的なのである。
その人生に後悔するだろうか?




誰かが見たら恥だと思う人生を生きてはいないだろうか?

人というのは
誰よりも立派な人生を送りたいと思うようにできていて、絶対に認められるからこそ生きていることを自覚するものだ。






人というのは、
絶対に立派になりたくて、後悔する人生を送りそうになるものだ。
人は共存しなければ生きていけないが、
それは人が必ずしも永続的に共存しなくてはいけないものではない。



一回疲れたら休んでもいい。




だが、
この世界は必ず、
共存なくして生きられないのだ。
人生に勝つことは必須だ。



どんなに負け犬人生でも、何かしらに勝っていなければ絶対に大人になっていないはずだ。



この世界は、
勝たなければ前へ進めないのだ。
どんなに強い者も、
最強すぎてはつまらないと気づくだろう。

戦える相手がいない世界はとてもつまらないものだし、
だからこそ成長や進化は戦える相手がいたほうがいいと思ってしまってそこで止まってしまう。



どれだけだろう。
自分よりも強いものがいないとわかってから、つまらない人生になったのは。