謎謎謎。




謎だらけ。

まったく意味がわからないことがあったりするのが世の中だ。





人の世界には、
そんな謎がいっぱいある。
そんな謎を数多く人生で見ていきたいものだ。
物事の定義を決めることは非常に重要だ。



それは議論してでも決めておきたいものだ。
人生において議論するとは素晴らしい成果や実益を兼ね備えられる貴重な時間と場だ。




この定義とは、
必ず人生で役に立つものだから、是非とも議論してみるといいかもしれない。
時には
本を買ってみる。

そこには知識が詰まっていて、
そこには一時的な楽しいものが用意されているとしたら、
ワクワクしてこないだろうか?




好きなことはいくらでもある。
だが、
そんな余談程度のこともまた、一興で楽しいものだ。
その事柄に対して戦うことは大切なことだ。


大切なことは逃げることができないという意味でもある。
戦い続けることに意味がないのと同じように、
戦い続けることには絶対的な効果があるのだ。
仕事も行動も、
感覚勝負だろう。



そこにピーンって感じがすると、とてつもなく気持ちがよく行動ができるもんだ。

そして、
成功するもんだ。





人なんてもんは、
そうやって生きていってもいいではないか。
ケンカは止める必要がない。

仲裁すればいいのだ。
悪いことに対して何を言うのかは自由だし、ダメなことをダメで終わらせるよりも、
相手とぶつかって解決してみたらいいのだ。




その中で、
何かが生まれればそれでいいじゃないか。
物の価値は人それぞれで違う。

骨董品でも興味が無い人からしたら普通に食卓で出す皿として扱うほどになるだろう。
人とは自分が主体だ。



だからこそ、
絶対的に儲ける方法はないし、絶対的に万人に受ける手段はないのだ。
武士道もいいけど、
騎士道もいい。


その道っていうのはどういうものも信念にあふれており、
次から次へと生まれては人に影響して世の中に存在していく。




どんな信念でもいい。
その信念を貫くことは、カッコいい。
時にはぶらりと旅行する。


そんな
人生のひとときも悪くない。



人の人生とは人それぞれだ。
しかし、
人は一時でも休まずに生きることはできないのだから、
ゆっくり休息でもとるのはどうだろうか?
驚くことに体力を使うのか?



人というのは、
どんな動作にも筋肉が反応するため、どうしても体力を動作によって消耗してしまいます。



まあそれくらいに、
人というのはどんなことにあっても疲れる生物だということでしょう。
世の中には、
どうしても理由があって立場の弱い人がいる。




その人を見捨てることは人徳に反するし、絶対にある程度は救いたいと思うものだ。



だからこそ、
この世界にはなにかしらの手助けがあるのだから、
そういうものに頼ってもらえると少しは楽に楽しく生きれると思うのだ。
その日少しでも前に勧めたという実感は、
その人の未来を絶対的に明るくする理由になるだろう。


前へ進むことが大事なのは、
その未来に対して絶対的に大切なことを決めるのに必要だからだ。
上には上がいる。


その上にも上がいる。

そうやって上に上がっても上がいるから、人生とは面白いのだ。