スーパー


いつまでも全力で。


時には叫びながら限界を超えるのもまたいいことだ。


それくらいに「スーパー」にあふれるやる気があれば、
どんな困難も大抵は乗り越えられるだろう。
人が人生を営む上で、
生活は最も大事な項目だ。



衣食住というくらいに、
住は大切なものである。





人の暮らしは人それぞれ。
千差万別あるが、人はそれぞれそして世の中と共存している。
たまには遊びたい。


たまには人と話したい。


そんな環境で楽しくない仕事をしていて何が楽しいんですか?
というよりも、
お金が入るんでしょうか。



お金というのは頑張っても頑張っても笑顔で接客できなければ相手からもらえないものです。
相手が会社でも営業行けなきゃただの無駄労働です。
楽しいと思って仕事をする人は、
会社にとっての財産だと思うんです。
人間の性分は変えられない。




生きている以上
同じことが一番生きているうちに多くなる。
その進み続ける人生で、
必ず人は自分の良さを実感するのだ。
最大パワーで戦って勝てないってことが、もしあるとして、どうやったら勝てるのだろうか?



それは全力以上の力がないと勝てないのだから、
それを出しきれるのかが勝負になるだろう。





全力以上。
限界を突破すれば体に想像以上の負担がかかる。
それだけ無理をできなければ倒せない相手だからこそ、どうするか自分で考えるといいだろう。
ケンカは止める必要がない。

仲裁すればいいのだ。
悪いことに対して何を言うのかは自由だし、ダメなことをダメで終わらせるよりも、
相手とぶつかって解決してみたらいいのだ。




その中で、
何かが生まれればそれでいいじゃないか。
優しい人間は好かれる。


一番にそれでなれなくても、印象はずっと他人よりもいいだろう。



それで一番になれるならもっといい。


人には、
優しさというものがある。
まあ、ないひともいるっちゃいるかもしれないが、優しさは人に対しても優しくていいものだ。
絶対的規律があっても、
其の規律を守り講師する側が問題ではいけない。




その生き方人生にも、
それを構成する物質あり。




そして、
其の人生にも、他の人生あり。
どんな作業においても、
精密さは軍を抜いて必要になる。



なぜなら、
ハードにこなすにも丁寧にこなすにも、
最低限度の精密さは維持しなくてはいけないため、雑じゃなければないほど、どちらの作業も早くなる。


仕事とは、
慣れだけでは言い表せないのだ。
思いやる気持ち。

それを持っていることで相手と理解し合えるとされている。
それは本当なのだろうか?

私的には真実だと思うし、
理解できないのに会話も何もないと思う。
相手を理解することで話したら言えない内容ややってはいけない行為がわかるのだから、
逆に言えば悪影響のあることもできないことも理解できるのだ。
どんな力も、
最大パワーを出すと異常な領域の力になる。




例え一瞬で力尽きる力でも、
その一瞬が相手に当たればその威力は確実に相手を葬れるだろう。




一瞬の爆発力。
その甚大な威力だけは、絶対に避けなければならない。
力を強調する必要はない。


だが、
その力で守れるものがあるのならば、
守ったほうがいいのだろう。




そして、
その守れる力があるからこそ、
守れるものもいるのかもしれない。
誰だって、
行動することに恐怖を感じるものだ。



だが、それでも咲きへ進みたいからと、進むものが強くなる。






逃げていては何も解決しない。
逃げるということは、
未来をつくることを拒絶しているということだ。