機敏


動きというのは徐々に徐々に計画的にスべきだ。




どんな厳しい状況も、
素晴らしいほどの計算に寄ってさらに跳躍力を増す。




それによる、
最大以上の能力は、己の限界をさらに超える力になるだろう。
私が私である根源は何か。



私が私として生きているからか?
私が誰かに私として理解してもらっているからか?


いや、
違う。



私がまだ生きているからだ。
人間の世界には、
「ある程度の質で状態を良くする」というテコ入れというものが存在する。


テコ入れはどこの世界にもあり、
その少しの作業はちょっとずつだが物事を効率的に動かしている。





そういうのが、
この名言集なのだ。
どんなときでもハキハキと。


声は自分の心も他人の心も揺れ動かす。
その強い気持ちが、
さらに体を動かすのだ。
一人称をボクということ。




もし、
それが俺であっても、さして世界は変わらないだろう。



そして、この世界が人が人をどう呼ぼうとも変わることはない。


問題は、
その人がその人をどう扱うかである。
言葉は交渉手段である。
そして、
相手をどうするかは、
決断することである。
季節はよく流れるが、
その季節っていうのは、
流れているだけじゃない。




毎回訪れる季節には、必ず変化があり必ず毎回違った景色を写す。





それが、
四季のある日本という国だ。
時には思いっきし遊ぶ。




遊びは楽しいものだ。
誰かと遊んだり、
誰かと旅行に行ったり一人で旅行へ行ったり。





遊びとは、
楽しむものだ。
その癒やしがないと、人間生きてはいけないのだ。
負けるが勝ち。
逃げるが勝ち。

ずーっと逃げても戦い続けても、
さして結果は変わらない。
だから、
戦えないと思ったら逃げていいのだ。
生きる目的は人それぞれだ。

永遠にその目的を目指すこともあるし、
目的を達成したらすぐに切り替えるものもいる。
目的とはすなわち、
達成するまで最高の存在だ。
仕事というのはやりきることが大事だ。





やりきれない仕事をしていると、

そのうち問題が起こった時どうしたらいいのだとなげくことがある。







ビジネスとは、

全力をつくすことだ。

その全力が、必要なときに役立つのだ。
太陽は絶対に次の日に登る。



雲で覆われて見えなくても、
絶対に太陽は地球に光を灯す。





その光の大切さを、忘れてはいけないのだ。