強さ


己の一撃の強さがどのくらいなのかを理解するといい。



正直戦車も破壊できると思えることなど普通はないはずだ。
なぜか俺は戦車も破壊できると理解できてしまった。





強いと何が出来るのかわかるようになる。
それがどのくらいのセーブした力で破壊できるのかすぐにわかるし、相手する必要が無いものにまで相手をしないでかかってきたら倒せばいいやで済ませている。
圧倒的強さを持つと、
意外と損なのだ。
何でも、
新しいことっていうのは新鮮味があっていい。


新しい生活、
新しい家、
新しい人間関係。




どんなこともポジティブに変わる。
そんなものでいいんじゃないだろうか?
別に急いで歩いているわけでもないのだし、次の暮らしに目を向ければ、それでいいのじゃないだろうか。
行動はなるべく迅速に対処したほうが良い。


それは仕事だけではなく、
プライベートも全てだ。



後回しで厄介なことになることだってあるからこそ、行動はすべてスピード勝負くらいでいいだろう。
植物を栽培するのはいいことだ。


環境的に緑が多いのは安らぐし、緑は本当に心を落ち着かせる。




自然にあるものというものが少なくなってきている現在、
そういうものを育てるということが、もしかしたら人を癒やす一番の方法かもしれない。
絶対的に手の届かない世界がある。


宇宙にはその価値がある。
何もない世界だけど、
そこにはなにかがあるし、夢を求めてロケットを打ち上げる人もいる。





その夢がある世界に、魅了されてみないだろうか。
最大パワーで仕事をする。


いいじゃない。
その力強さでどんな困難も越えていくさまは、カッコいいじゃない。




最大パワーっていくらくらい人は出るのかな?
できれば、
誰よりも力強いエネルギッシュな人間になりたいものだ。
どんなピンチのときも、
諦めるべきではない。




戦いいや仕事には、
絶対にピンチでも助かる方法はある。





その戦いに、絶対に目を背けるべきではない。
人間には遺伝子にさえ決められた限界がある。

別にそれ以上いけないわけではないが、
通常の人間の生き方では限界が有るようだ。


今では無限に生きる理論も確立されているらしい。
それくらいに、
人間は限界を超えるかどうかに興味が有るのだ。
人にはやって、

「いいこと」

「悪いこと」

がある。
それがわからないとやってはいけないことが理解できずに暗闇に足を突っ込んで落とし穴にハマることがある。
悪いことは最初から極力減らして動かないといけないのだ。
事実、
人っていうのは案外めんどくさがりなのだ。



人には必ず一定の性分的なものがあって、
その性分があっと的普遍性を生んで集団を形成しているのだ。





その中で目立つものがいるとしたら、
その普遍性から突拍子もない変わり方をした、人間たちなのだろう。
いわゆる、
精神を集中させて力を練ることを、
精神統一という。




その精神統一には、
リラックス効果というものもある。



脳というのは人にとって考えを巡らせるための重要なツールだが、
無心になりその物事だけに集中するには、
邪魔なものなのだ。
決めたことを守ることは大切だ。

その日何をしようとか、
その時どうするかとか、

決めておくのもいいだろう。
たとえそれが違う時だとしても、それは決めていることで他のことと考えればよいのだからより一層効率的になるではないか。
「幸福」とか、
「幸せになり福をもたらす」と書く。



その意味とは、
円満な家庭なのかもしれないし、
宝くじのような大きいものにあたって一躍億万長者になることなのかもしれない。



どちらにせよ。
私の幸せは、
家族とともに生きることだ。