知覚


本当に強いものと戦うとき。

気づいた時には負けているなんてことがままある。
これが本当に強いものと弱いものの力の差かと思うくらい確実な差である。



相手のスピードに追いつけないのも理由ではあるが、
最も大きな原因は、
ただ単純にその人間の実力が圧倒的なのである。
必要以外の者は最低限度にしたい。


最低限度のほうが動くと気楽だし、
さしてストレスなく過ごせるからだ。


世ではミニマリストと言われる人が増えている。
私はどっちかというと、
人生をミニマムにしていっている人だ。
力を強調する必要はない。


だが、
その力で守れるものがあるのならば、
守ったほうがいいのだろう。




そして、
その守れる力があるからこそ、
守れるものもいるのかもしれない。
現代には過去がある。


過去があるからみんな生きている。


それがなければいないわけでもないだろうが、現代の社会の仕組みはその歴史のおかげて培われている。
時代とは、
人の現在の姿だ。
仕事も行動も、
感覚勝負だろう。



そこにピーンって感じがすると、とてつもなく気持ちがよく行動ができるもんだ。

そして、
成功するもんだ。





人なんてもんは、
そうやって生きていってもいいではないか。
生きる目的は人それぞれだ。

永遠にその目的を目指すこともあるし、
目的を達成したらすぐに切り替えるものもいる。
目的とはすなわち、
達成するまで最高の存在だ。
植物を育てるというのは、
現代において癒やしにもなってきている。



その植物を野菜に置き換えると、
野菜は人間にとって必要なビタミンを運んできてくれる。





人にとって、
植物野菜は必要不可欠なものなのだ。
どんな物語にも完結はあるものだ。



だからこそ、
人間の人生にも完結がある。




永遠につづく人生はないのだから、その完結するストーリーを、人は盛り上げなければいけないのだ。
その事柄に対して戦うことは大切なことだ。


大切なことは逃げることができないという意味でもある。
戦い続けることに意味がないのと同じように、
戦い続けることには絶対的な効果があるのだ。
勝てないのなら逃げてもいいんだ。




絶対に勝てない相手にまで、勝負を挑む必要などない。

逃げるが勝ち。
そういう人生もあっていいじゃないか。