後悔


その人生に後悔するだろうか?




誰かが見たら恥だと思う人生を生きてはいないだろうか?

人というのは
誰よりも立派な人生を送りたいと思うようにできていて、絶対に認められるからこそ生きていることを自覚するものだ。






人というのは、
絶対に立派になりたくて、後悔する人生を送りそうになるものだ。
いわゆる、
ショートメッセージサービス。

略して「SNS」だが、
これは結構いいものだと思う。



コミュニケーションツールが増えてきた今、
老人でも普通にそういうツールで無料電話とかチャットを楽しむような文化になってきたのである。


むしろ、
そういうものに迎合することでいろんな人とのコミュニケーション方法が増えるのは願ったり叶ったりではないか。
誰とでも無料で話せたり、
誰とでもすぐに若者は知り合ってオフ会などに出られサークル活動も大人も出来るようになった。



今の時代、
そういうものでも幸せにやっている人がいることも、
また幸せなのだ。
時期が来ると、
寒くなっていき、そして雪が降る。




日本のそういう風景は、
風情があっていいものだ。


人もそういうものでいいのではないだろうか。

ときどき
落ち込むこともあるけど、楽しいこともある。
己の一撃の強さがどのくらいなのかを理解するといい。



正直戦車も破壊できると思えることなど普通はないはずだ。
なぜか俺は戦車も破壊できると理解できてしまった。





強いと何が出来るのかわかるようになる。
それがどのくらいのセーブした力で破壊できるのかすぐにわかるし、相手する必要が無いものにまで相手をしないでかかってきたら倒せばいいやで済ませている。
圧倒的強さを持つと、
意外と損なのだ。
例えば、
超能力が使えるとして、あなたは使ってみたいだろうか?




正直言えば、
特殊な能力ならばそれだけに暴走を止める力が必要だ。

だからこそ、
力とは、制御しなければならないのだ。
いくらやっても失敗するのならば、
失敗しない方法をまず考えなければならないだろう。



失敗は常に人にあり、
いつまでも同じ失敗を繰り返していると他人の次に行くことにさえも遅れを取っていく。






人っていうのは、
成長しないと大人にさえもなれない。
大人になっても、
先へ行く努力をしないと、遅れを取って後で後悔しても遅いのだ。
人は人の誠実さに惹かれる。


私は偶然適当な人間に育ってしまったが、
その誠実な姿は、
憧れるものだ。






誰よりも誠実であれば人生も華やかになるのか?
それは違うのかもしれないが、
それで楽しい人生にもなれるのも間違いないだろう。
部屋を掃除することは、
人生において重要らしい。



かくいう私も、
部屋を掃除すると心がさっぱりするものだ。





部屋は結構大事な空間らしいよ?
努力には価値がある。

それはつまり、
努力することで得るものはかならずあるということだ。
それにより得をすることで、
新しいことが出来るようになればなお嬉しい。


そのことだけが人を笑顔にさせるのだから、
人は成長することが素晴らしいことだと思うのだ。
正義と悪は共存している。

その相性は非常によく、
それが性善説と性悪説の差でよくわかる。


どうやったって、
相性が良いから考え方が違う関係性は一緒にいるだけで違う会話ができるから議論を永遠に続けられる。
人というのは、
数限りなく仲違いして共存している。
何でも、
新しいことっていうのは新鮮味があっていい。


新しい生活、
新しい家、
新しい人間関係。




どんなこともポジティブに変わる。
そんなものでいいんじゃないだろうか?
別に急いで歩いているわけでもないのだし、次の暮らしに目を向ければ、それでいいのじゃないだろうか。
フルスロットル。




緊急時には絶対になければならないものだ。

別名火事場の馬鹿力。




限界を越えてみて初めて分かることがある。
火事場の馬鹿力も、
まだまだ全力じゃあない。
人が物理的に不可能と思うものを、
証明するのは楽しそうだ。




何かしらの
意味や謎を解く探偵などは特に楽しそうな職業である。






人の世界には、
様々な謎がある。
それらは人を魅了し、そして人を楽しませる。