活力


圧倒的に行動能力のある人間は、
圧倒的に活力が違う。



生きる気力、精神力、努力、
力に変わる何もかもが桁違いに違う。





人は生きる上で絶対に必要なものがある。
それは、
精神力という、力に変わるエネルギーだ。
料理は調和だ。

その料理にあった器、その料理にあった音楽がないと料理は完成しない。
人に対しても調和が大事である。
相手に合わせる重要性もそうだが、時には引っ張っていける強さも必要である。



それこそが、調和である。
常に常に前を向いて向上する。


そんな人間になりたいものだ。
常に常に成長して、常に常に邁進するその姿は、見るものを魅了するだろう。
人は環境に左右される。


いい環境ならいい仕事も人生も送れるし、
逆に悪い環境ならば相当に鍛え抜かれて途中で折れる人も出てくるだろう。



環境は大事だ。
自分の選びたい方を選んで、挑戦するといいだろう。
日本固有の文化とか、

海外の固有文化とか、

もの珍しいものにはかなり興味がある。







こういう文化に触れることも多いブロガーの世界だから当然なのかもしれないが、

こういう情報化社会というのも文化の一つではないだろうか。







ならば、

この文化を楽しみたいものだ。
常識と戦え。


常に新しい世界があり、そして変化していく世界だ。




そしてそしてまたまた繰り返すことだ。

同じく成長してもその成長の差は経験した物事の差になる。

それくらいに、
人間とは新しいことに忠実であることを世の中で要求されるのだ。
もし、
絶対に強いと思うのであれば、

自分よりも強い相手に対して恐怖は感じるかどうか聞くと本物かどうか分かる。




どうしても強くなると、
相手に対して軽んじる発言をするようになり、
勝てるとか思っていたら負けてしまうことがある。



だが、
本当に強い人間は、
自分より強いものに対して絶対的恐怖心がある。
100%でも勝てないと思ったことがあるか聞いた時、強い人間は、「ある」と即答できる。



それくらいに、
恐怖に打ち勝てなければ、100%を超えた戦いをして相手を倒すことができないからだ。