別離


たとえ何があっても、
人には別れがあるだろう。



一生二人でいられる時間はなく、いずれ限界を人は向かえる。


その限界までが人生だ。
誰かと共存して仕事をするし、誰かがいないとお金の意味もない。


そんな社会に、
人は夢を描く。
人間の体は細胞の集まりで出来ている。


その細胞のようにして会社もできている。
人の世界はなにかしらのことに一部になることが一番効率が良い。



細胞とは、
増えるだけ強くなれるのだから。
その人生に後悔するだろうか?




誰かが見たら恥だと思う人生を生きてはいないだろうか?

人というのは
誰よりも立派な人生を送りたいと思うようにできていて、絶対に認められるからこそ生きていることを自覚するものだ。






人というのは、
絶対に立派になりたくて、後悔する人生を送りそうになるものだ。
その人の生き様はその人の人生に由来する。



その人の成長過程やその人の経験はともなれど、その人の力強い生き方は、
その人の人生を経ていなければ今に至らない。




人生を生きるとは、
そうやって紡がれていくストーリーも、またいいものなのだ。
物事に何でもかんでもカテゴライズする必要なんてないのだ。




その物事を常に意識して常に向上していくことが重要なのだ。
例えばそのカテゴリーが組み合わさってできたりするものもあるし、ある種そのカテゴリーのおかげで出来るものもある。




例えば人も、
そういう意味では自由なのだ。
ゴミを分別するように、
仕事とプライベートも分別しておくように使用。



シゴトもプライベートもどちらも大事だが、
分けておくことで唯一の時間の制御ができるとしたら、何倍も差がつく行為になるだろう。
いつまでも永遠に同じことをしていられるだろうか?



人間とは、
欲望よりも圧倒的なほどに、成長意欲というものが存在する。

いつまでも同じことをしていられず、
耐え続けることも本当に人格ができていないと石の上にも三年などいられないものだ。





頑張るということさえも、
人には無意味なのだ。
人というのは絶対に頑張っても新しい仕事のほうがやる気が出る。
新しい仕事をして新しいことをして、
それだから力が湧くのに、
成長するためには、その石の上にも三年いられるほどの同じことの繰り返しで成長するのだから、
動かさせるのと成長させるのは違うのだ。
どんなピンチのときも、
諦めるべきではない。




戦いいや仕事には、
絶対にピンチでも助かる方法はある。





その戦いに、絶対に目を背けるべきではない。
人が人生を営む上で、
生活は最も大事な項目だ。



衣食住というくらいに、
住は大切なものである。





人の暮らしは人それぞれ。
千差万別あるが、人はそれぞれそして世の中と共存している。
人は成長するが、
伸び続けるのは至難の業だ。




どうしても伸ばせる力には限界があるように感じるし、
年をとると更年期もあってどんどん気力も落ちてくる。



だが、
それを乗り越えたら、少しだけ前進する気がしないだろうか?
人とともに人は生きる。


常にそれが繰り返されて共存する現代が未来永劫人間の世界では出来上がってくる。




人は共存しなければ生きていけない。
その共存性は、必要不可欠なものなのだ。
どれだけ強くてもいい。

どれだけ強くても、負けないのならそれでいい。
逆に勝つための武器はいらないのだ。
この世界に、
正解というワードはない。




正義も悪も、
味方が違えば逆にもなる。


どうやったって表裏一体でいいところもあれば悪いところもある。



この世界は、
白か黒かではない。
白も黒もあるのである。