眷属


自分に従事るものを眷属という。



その眷属とは支配ではなく、真っ当な従属関係である。


つまり、
その人間を信じて付き合うことである。





眷属というものは絶対的ではない。
だからこそ、
主従のよう主が強制的というわけではないのだ。
いつでも緊急事態を予測しておこう。



そのために保存して置かなければいけない耐力を温存し、
絶対的勝負のときに全力以上を出せるよう備えておこう。




そうすることで、
人生はもっと豊かになる。
人間どんな時であっても、
新しい物が手に入るとわかった時、いつでも子供のように若くなるものだ。

その時の浮かれが人間一番心地よく嬉しく、
とても楽しいものであると思える。



それでいいのだ。
無理しなくても大人にはなってしまうし、好きなモノを手に入れることくらい、
楽しんでも良いではないか。
四季が変わるのは日本特有だ。


四季があるっていうのさえも日本ぐらいのものだ。
この特性のある国はかなり有用だから、
これだけは守っていきたいものだ。
何かに挑みたいと思うのなら、
事前に準備してからの方が良い。



別にそうしたからと言って得旦那に関わるわけでもないが、心構えに対する安定性は抜群に上がる。




人は精神論でも強くなれるのだ。
物事の定義を決めることは非常に重要だ。



それは議論してでも決めておきたいものだ。
人生において議論するとは素晴らしい成果や実益を兼ね備えられる貴重な時間と場だ。




この定義とは、
必ず人生で役に立つものだから、是非とも議論してみるといいかもしれない。
ゴミを分別するように、
仕事とプライベートも分別しておくように使用。



シゴトもプライベートもどちらも大事だが、
分けておくことで唯一の時間の制御ができるとしたら、何倍も差がつく行為になるだろう。
健康は管理しているか?



体が満足行かなければなんの満足な行動もできない。


人は満足の行く高度ができてこそ楽しみを得られる。
それが、
本当の満足である。
どんな作業においても、
精密さは軍を抜いて必要になる。



なぜなら、
ハードにこなすにも丁寧にこなすにも、
最低限度の精密さは維持しなくてはいけないため、雑じゃなければないほど、どちらの作業も早くなる。


仕事とは、
慣れだけでは言い表せないのだ。
人間には遺伝子にさえ決められた限界がある。

別にそれ以上いけないわけではないが、
通常の人間の生き方では限界が有るようだ。


今では無限に生きる理論も確立されているらしい。
それくらいに、
人間は限界を超えるかどうかに興味が有るのだ。
人は人の誠実さに惹かれる。


私は偶然適当な人間に育ってしまったが、
その誠実な姿は、
憧れるものだ。






誰よりも誠実であれば人生も華やかになるのか?
それは違うのかもしれないが、
それで楽しい人生にもなれるのも間違いないだろう。
宇宙にも限界がある。



宇宙とは常に拡大し続けているが、
実質問題、
拡大しているだけでどこかしら許容限界があるのだ。



だからこそ、
人間もそういう可能性を広げ続ける宇宙のような気持ちで生きてみたら、楽しいのではないだろうか?
性別っていうのは、
なにかしら意味があってつくものじゃあない。



性別とは、
その人が生まれるときにあるカテゴリー概念であり、
その性別は別に人生に影響するわけでもないしそれが理由で挫折することはない。





性別っていうのは、
それがあるから困るわけではないのだ。