未来


どんな未来が来ようとも、
現在に生きている人間の殆どはまったく気にしていないだろう。

むしろ、
気にしていたら病気だって思われる。





さらに、
人生の殆どを未来につぎ込むのが人間だから、
いちいち立ち止まっていられないのもあるのだろう。
どちらにせよ、
未来はとてつもないことであっても、
現代では平和なのだ。
四季が変わるのは日本特有だ。


四季があるっていうのさえも日本ぐらいのものだ。
この特性のある国はかなり有用だから、
これだけは守っていきたいものだ。
命というのは儚いものだ。

生きている間はいいが、いなくなったら寂しくなる。
それをブログに綴ることが、
命の証明になるのなら、いくらでも新しい文化にしていこうじゃないか。
常に最新であれ。




仕事も情報もプライベートも、常に新しくあれば、
人は新鮮さを保てるのだ。
ケンカは止める必要がない。

仲裁すればいいのだ。
悪いことに対して何を言うのかは自由だし、ダメなことをダメで終わらせるよりも、
相手とぶつかって解決してみたらいいのだ。




その中で、
何かが生まれればそれでいいじゃないか。
覚えれば覚えているだけいいものが知識。
だが、
それを使えば使うだけ嫌がられるのも知識。

頭と武器は使いようなのだ。
「楽しむ」とは、
飽きが来ないことを言うのだ。


それが今来ていることとも言える。




飽きることなど人はかまわずそれらに没頭し、
おしゃれやゲーム、
漫画や映画と、
それが楽しいからしているのだ。



楽しくなければ人生じゃない。
飽きが来ないような趣味を、私も持ちたいものだ。
上には上がいる。


その上にも上がいる。

そうやって上に上がっても上がいるから、人生とは面白いのだ。
なんでもできるならば魔法でもあったら便利だと思わないか?

だが、
魔法なんてものは世の中を便利にするだけで、
たいしてこの現代で使えてもさして意味が無いように思えないか?


空を飛べたとして、
ジェット機に巻き込まれるような気がする。



それくらいに、
この現世は完璧なのだ。
どんなに疲れても気合でなんとかなるっていうように、
昔の人は言うけれど、

私はそれはあっていると思う。



気合というよりも精神力がないと行動ができないのと同じで、疲れていると家からも出たくなくなるのと同じことだ。


それだけに、
気合、精神力というのは大切なモノだということなのだ。
いくらやっても失敗するのならば、
失敗しない方法をまず考えなければならないだろう。



失敗は常に人にあり、
いつまでも同じ失敗を繰り返していると他人の次に行くことにさえも遅れを取っていく。






人っていうのは、
成長しないと大人にさえもなれない。
大人になっても、
先へ行く努力をしないと、遅れを取って後で後悔しても遅いのだ。
人が楽するのは当然なのだ。


人は人生をサボりたいものだし、
どうしても怠惰に生きることが性分になってしまう。





でも人はそれでも
変わろうとする。
それがまた、いいのだ。
マトモな考えというのは、
誰もが同じ領域で考える範囲なのだろうか?


真面目な話、
それ以上に意味があるならばそれ以上にマトモな案があるし、
人間というのはまともな意見というものが絶対的解決法だったらそれを受け入れることが出来るのだろうか。


それくらいに、
マトモすぎる意見はかなりの確率で恐いものなのだ。