決まり文句


どんなことにも、
決まり文句をつけておくのはいいことだ。


「これはこれでいいのだ」
とか
「これはこうするといいのだ」
とか、
どうでもいものにもそういうことで適当につけてしまうと、
なんだかカッコよくなる。




人生とは、
そういう適当のつなぎ合わせだ。
戦う覚悟があるか。



上に立ち向かう気持ちは常にあるか?


絶望というのは好奇心と同じだ。
故に、
戦えるかが勝負である。
人はみな必ず順位をつけたがる。



その行為において自分を高い位置だと認識したいのだと思われるが、
それがどうかしたのだろうか?





自分が成功すればそれでいいではないか。
成功できれば必ず人間は相手を認めることになる。
それでいいではないか。
そもそもテコ入れをする必要があるのだろうか?


なんににでも不完全はあるものだし、絶対に完成されたものはない。
まあ、
だからこそ、テコ入れの必要がある場合もあるのだろうが。
いつでも冷静に計算する。




人には理性では止められない勘定がある。

だからこそ、
いざという時も冷静になるべく慣れるように、気をつけておくべきだと思うのだ。
誰かと砂漠にしても誰かを貶めるにしても、

絶対にそれが真実なのか確かめられる時が来るのだ。
その真実に対して私たちは抵抗はできず、
完全にウケてに回らなくてはならないものだ。


それくらいに真実というものには価値がある。
だからこそ、
真実は話すべきものではないのだ。
前へとにかく進む。


生きる必要なんて関係なく進む。
ずーっと進むその先に、
楽しみがあると思うだけでワクワクするじゃないか。
日本固有の文化とか、

海外の固有文化とか、

もの珍しいものにはかなり興味がある。







こういう文化に触れることも多いブロガーの世界だから当然なのかもしれないが、

こういう情報化社会というのも文化の一つではないだろうか。







ならば、

この文化を楽しみたいものだ。
好きな人がいることは、
強くなれるということだ。


誰かを愛していれば強くなり、愛せないと強くなるには困難がつきまとう。




人はだれかを愛さざるをえない。
どんな状況でも、
恨みや嫉妬よりも強い感情なのだ。
どんな仕事でも物事でも、
効果が抜群に発することがままある。



その効果の原因を探ることは困難かもしれないが、そういうのが人の運であることは間違いないのだろう。





そのラッキーパンチを、
自分のものにした人間がいたら、絶対に誰よりも強いと思わないか?
人には好き嫌いがある。



まったく
好き嫌いがない人はいない。
必ず人は好きなものが有り、そして嫌いなものがある。





その好みで、
人は趣味や生活を選ぶのだ。
たまには遊びたい。


たまには人と話したい。


そんな環境で楽しくない仕事をしていて何が楽しいんですか?
というよりも、
お金が入るんでしょうか。



お金というのは頑張っても頑張っても笑顔で接客できなければ相手からもらえないものです。
相手が会社でも営業行けなきゃただの無駄労働です。
楽しいと思って仕事をする人は、
会社にとっての財産だと思うんです。
己の力の無さに気づいた時、
人は分不相応をわきまえなければならない。


圧倒的に強いのかなんて関係がない。


その力に見合った態度をし、
その力に見合った行動をしなければならない。





人の立場や行動範囲が変わるように、実力と立場に見合ったものも、変えていかなければならなのだ。