活力


圧倒的に行動能力のある人間は、
圧倒的に活力が違う。



生きる気力、精神力、努力、
力に変わる何もかもが桁違いに違う。





人は生きる上で絶対に必要なものがある。
それは、
精神力という、力に変わるエネルギーだ。
ストーリーや作品には、
常に「最新作」が求められる。

それはこの「ブロガー」の業界も同じで、常に最新の記事があることが読者様への作品提供になる。
映画やコミックの世界のように、
常に新しいブログであろう。
どんなことにも成果を求めよう。


どんなことにも成果を求め、
失敗はフィードバックしよう。



勝てることが勝利ならば、
そのために努力しよう。
どんな努力も、その成果の積み上げにより達成されるのだ。
上には上がいる。


その上にも上がいる。

そうやって上に上がっても上がいるから、人生とは面白いのだ。
「一族の誇りを持て」
とか、
「家族の代表なんだから」
とか、


正直私の場合どうでもいいことなのだ。
私は長男だが、
その一家の代表として立派に生きたいとか、
そういう情熱はまったくない。




これからの家族をどうやって養うのか、
くらいにしか考えていない。
それくらいに、私は無難なのかもしれない。
だが、
このご時世、こういう家庭もいいではないか。
本当に意味があることなのかは別として、
味覚というものには酸味を感じる機能があるのはわかるはずだ。



それと同じように、しょっぱいや甘酸っぱいっていう感情もあるのは人間ならばわかるはずだ。


人間っていうのは、
意外と味覚と同じように脳も味を感じているのかもしれない。