「実は動画をどうしようかと思っている。」


どちらが強かろうが弱かろうが、
それで決着がつこうがつかなかろうが一緒に生きていかなければいけないのが現実だ。




誰よりも強くても別に特別扱いはなく、
弱いものにはある程度の救済処置もあるほど平和なのだ。


だからこそ、
差別するのは良くない。
何事も、
平等に存在しているのだから、強さを否定する必要もなく、弱さを克服しないでいいわけでもないのだ。
「実は動画をどうしようかと思っている。」
(続きを読む)

「思いついたら吉日。」
(続きを読む)

「水分補給の大切さ。」
(続きを読む)

「室内で野菜、採れそうです。」
(続きを読む)