機敏

動きというのは徐々に徐々に計画的にスべきだ。どんな厳しい状況も、素晴らしいほどの計算に寄ってさらに跳躍力を増す。それによる、最大以上の能力は、己の限界をさらに超える力になるだろう。どんなときでもハキハキと。声は自分の心も他人の心も揺れ動かす。その強い気持ちが、さらに体を動かすのだ。情報を守るということは大切だ。例えば家族がいる時子供がピンチな時、どうにもできないような自体があっては困るために親は…

続きを読む

人なんてさして重要でもない。この世界には人以外にもたくさんの生き物がいてそれらと人間は共存しているのだから特段変わったことでもない。人というのは意外と自分勝手だから、あまり必要のない人間関係なんて作る必要が無いのだ。頑張ることに意味はあると思うか?たとえそれができなくても、立ち上がる力になることくらいはあるのではないだろうか?ピンチの時に声援や応援があれば、少しくらいは力が湧くのではないだろうか…

続きを読む

一族

「一族の誇りを持て」とか、「家族の代表なんだから」とか、正直私の場合どうでもいいことなのだ。私は長男だが、その一家の代表として立派に生きたいとか、そういう情熱はまったくない。これからの家族をどうやって養うのか、くらいにしか考えていない。それくらいに、私は無難なのかもしれない。だが、このご時世、こういう家庭もいいではないか。いつでも緊急事態を予測しておこう。そのために保存して置かなければいけない耐…

続きを読む

精神論

どんなに疲れても気合でなんとかなるっていうように、昔の人は言うけれど、私はそれはあっていると思う。気合というよりも精神力がないと行動ができないのと同じで、疲れていると家からも出たくなくなるのと同じことだ。それだけに、気合、精神力というのは大切なモノだということなのだ。

続きを読む

比較

相手を比較することはいいことだ。自分の今いる立ち位置を理解できるし、それで空気を読める。だが、それでなにかが変わるわけではない。自分が一番輝けるように努力する。それが人間の人生だ。相手になにか言われることがあって、相手に遠慮する必要はない。なにせそれはあっているのだから相手は言うのだ。だからこそ相手は絶対的に調子ののってもたいしてなんとも言えない。まさに、完全勝利だ。勝負において、常に勝つ気でい…

続きを読む

金言

様々な人々の金言があるが、その中でも支配者の金言は凄まじい。。まさに、その世界で命をかけていることが堂々と伝わってくるような、完全な発言ばかりだ。よもや、今の時代には必要がなくたって、こういうものは聞いておくべきだ。人がそれだけに知らないことを、命を張って時代を気づいた者達は、それを現代に伝えているのだから。人はみな必ず順位をつけたがる。その行為において自分を高い位置だと認識したいのだと思われる…

続きを読む

企画

例えば映像作品などで、企画を練っておくことは物事の進行において大変重要な意味を持つ。それと同じように、人間の人生にも企画性をもたせると面白いかもしれない。人生がエンターテイメント性に溢れたら、楽しそうだろう?世界各地を回る。それは新しい出会いがあるかもしれないし、新しい苦労があるかもしれない。でもそれが自分の知見を広げるのにはすごく有効なことだ。新しい世界で人は何を見るのか?いわゆる、精神を集中…

続きを読む

越える

誰よりも先に。親よりも家族よりも他人よりも先に。人生の先輩よりも人生よ後輩よりも先に。ずっとずっと更に先に。永遠に誰よりも強くなるのならば、一瞬たりとも立ち止まってはならないのだ。仕事というのはやりきることが大事だ。やりきれない仕事をしていると、そのうち問題が起こった時どうしたらいいのだとなげくことがある。ビジネスとは、全力をつくすことだ。その全力が、必要なときに役立つのだ。好きな人がいることは…

続きを読む

「時間あるから記事書く。」

人が人生を営む上で、生活は最も大事な項目だ。衣食住というくらいに、住は大切なものである。人の暮らしは人それぞれ。千差万別あるが、人はそれぞれそして世の中と共存している。「時間あるから記事書く。」 (続きを読む) 「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」 (続きを読む) 「ユルく語る室内野菜栽培。」 (続きを読む) 「実は動画をどうしようかと思っている。」 (続きを読む)

続きを読む

スピード勝負

記事を書くのはスピード勝負だ。早くかけないと記憶が続かないし、思考回路を回すだけ記事の数は減る。アイデアとは思いつきだ。その一瞬のひらめきを忘れてはならないのだ。料理は調和だ。その料理にあった器、その料理にあった音楽がないと料理は完成しない。人に対しても調和が大事である。相手に合わせる重要性もそうだが、時には引っ張っていける強さも必要である。それこそが、調和である。勝てないのなら逃げてもいいんだ…

続きを読む