基地

男の夢というのは、ロボットや機械とか、夢のあることをやることが多い。それは別に悪いことではないが、女にはわからないから美学なのだ。仕事も行動も、感覚勝負だろう。そこにピーンって感じがすると、とてつもなく気持ちがよく行動ができるもんだ。そして、成功するもんだ。人なんてもんは、そうやって生きていってもいいではないか。人のことを語る上で、人柄を話すのは理由がある。人柄というのは、その人の人格である。そ…

続きを読む

遊び

時には思いっきし遊ぶ。遊びは楽しいものだ。誰かと遊んだり、誰かと旅行に行ったり一人で旅行へ行ったり。遊びとは、楽しむものだ。その癒やしがないと、人間生きてはいけないのだ。事実、人っていうのは案外めんどくさがりなのだ。人には必ず一定の性分的なものがあって、その性分があっと的普遍性を生んで集団を形成しているのだ。その中で目立つものがいるとしたら、その普遍性から突拍子もない変わり方をした、人間たちなの…

続きを読む

博識

なんでも知っている人間のことを博識と言うが、なんでも知っているからと言って人と話せるのではない。その知識によって、人と話せる幅が広がるのだ。知識とは、すべての人間の動作で必要不可欠な車で言えばガソリンのようなものなのだ。勝負というのは一期一会だ。戦って勝っても負けても次に会うときにはもうその相手は違う相手で勝敗は二度と取り戻せない。勝負とは絶対に決着がつく。次はない。絶対に。絶対的に手の届かない…

続きを読む

越える

誰よりも先に。親よりも家族よりも他人よりも先に。人生の先輩よりも人生よ後輩よりも先に。ずっとずっと更に先に。永遠に誰よりも強くなるのならば、一瞬たりとも立ち止まってはならないのだ。なんでもできるならば魔法でもあったら便利だと思わないか?だが、魔法なんてものは世の中を便利にするだけで、たいしてこの現代で使えてもさして意味が無いように思えないか?空を飛べたとして、ジェット機に巻き込まれるような気がす…

続きを読む

「時間あるから記事書く。」

なんでもできるならば魔法でもあったら便利だと思わないか?だが、魔法なんてものは世の中を便利にするだけで、たいしてこの現代で使えてもさして意味が無いように思えないか?空を飛べたとして、ジェット機に巻き込まれるような気がする。それくらいに、この現世は完璧なのだ。「時間あるから記事書く。」 (続きを読む) 「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」 (続きを読む) 「ユルく語る室内野菜栽培。」…

続きを読む

圧倒的

圧倒的戦力に圧倒的実力。圧倒的というだけで解決しない物事がある通り、圧倒的に強い人間には太刀打ち出来る要素がない。圧倒的とは、本当に相手との差が埋まらないほどの力の差があるということだ。勝負において、常に勝つ気でいることは素晴らしいことだ。そしてそれにさらに、負けそうなときは逃げるということさえわかっていれば、大抵の人生の問題は解決できることだろう。つまり、何事も向上心と行動力でなんとかなるので…

続きを読む