正義

正義の味方なんて存在しない。正義というのは振りかざすものではなく、行使出来るだけだ。だからこそ、正義は存在できる。悪がない限りは正義はない。だからこそ、この世界は安定できる。永遠につづく人生ではない。どこかで終了、どこかで限りがある。その人生を、送る方法を模索するのが、成長というものだ。記事を書くときには常に法令に反していないか注意し無くてはならない。方の裁きを受けるのはどうしても社会人としては…

続きを読む

事実

事実、人っていうのは案外めんどくさがりなのだ。人には必ず一定の性分的なものがあって、その性分があっと的普遍性を生んで集団を形成しているのだ。その中で目立つものがいるとしたら、その普遍性から突拍子もない変わり方をした、人間たちなのだろう。正義と悪は共存している。その相性は非常によく、それが性善説と性悪説の差でよくわかる。どうやったって、相性が良いから考え方が違う関係性は一緒にいるだけで違う会話がで…

続きを読む

歴史

現代には過去がある。過去があるからみんな生きている。それがなければいないわけでもないだろうが、現代の社会の仕組みはその歴史のおかげて培われている。時代とは、人の現在の姿だ。フルスロットル。緊急時には絶対になければならないものだ。別名火事場の馬鹿力。限界を越えてみて初めて分かることがある。火事場の馬鹿力も、まだまだ全力じゃあない。人にとって、真実とは案外どうでもいいものだ。それによって知識的に得を…

続きを読む

物理

人が物理的に不可能と思うものを、証明するのは楽しそうだ。何かしらの意味や謎を解く探偵などは特に楽しそうな職業である。人の世界には、様々な謎がある。それらは人を魅了し、そして人を楽しませる。圧倒的に強くても、圧倒的に勝てることはない。圧倒的というのは、それくらいに不完全なものだ。すぐにその力には対策が打たれるし、その力を使わせない方法を仕込まれるだろう。それくらいに、強くなっても休まることはないも…

続きを読む

文化

日本固有の文化とか、海外の固有文化とか、もの珍しいものにはかなり興味がある。こういう文化に触れることも多いブロガーの世界だから当然なのかもしれないが、こういう情報化社会というのも文化の一つではないだろうか。ならば、この文化を楽しみたいものだ。マトモな考えというのは、誰もが同じ領域で考える範囲なのだろうか?真面目な話、それ以上に意味があるならばそれ以上にマトモな案があるし、人間というのはまともな意…

続きを読む

解答

物事には、簡潔に告げなければいけないような物事がある。たった一瞬の迷いでも意味がなく、その人に大変なことがあったときとか、誰かが何かしらの状態でまずかったりとか、そういう状況がある。人に対しての回答方法は、時と場合なのだ。人は成長するが、伸び続けるのは至難の業だ。どうしても伸ばせる力には限界があるように感じるし、年をとると更年期もあってどんどん気力も落ちてくる。だが、それを乗り越えたら、少しだけ…

続きを読む

スピード

行動はなるべく迅速に対処したほうが良い。それは仕事だけではなく、プライベートも全てだ。後回しで厄介なことになることだってあるからこそ、行動はすべてスピード勝負くらいでいいだろう。作業には、一ミリのムダも許さない。時間の無駄だし人生の無駄だ。人とともに人は生きる。常にそれが繰り返されて共存する現代が未来永劫人間の世界では出来上がってくる。人は共存しなければ生きていけない。その共存性は、必要不可欠な…

続きを読む

「えるも、最近動画めっちゃ上げる笑」

どんな仕事でも物事でも、効果が抜群に発することがままある。その効果の原因を探ることは困難かもしれないが、そういうのが人の運であることは間違いないのだろう。そのラッキーパンチを、自分のものにした人間がいたら、絶対に誰よりも強いと思わないか?「えるも、最近動画めっちゃ上げる笑」 (続きを読む) 「えるも、ついに動画でミスる。」 (続きを読む) 「もうあれだ。本当に限界だ。」 (続きを読む) 「動画撮…

続きを読む

気持ち

その人に何かしたいと思う感情は、誰よりも素晴らしいものだ。それをかなえられる力があればなお素晴らしいものだ。人とは絶対的にそれを叶えたいと思い、失敗するかどうかを永遠と試し続ける。その感情は素晴らしいが、それが他人の迷惑になってないかまでは考えておくべきだろう。最大パワーで仕事をする。いいじゃない。その力強さでどんな困難も越えていくさまは、カッコいいじゃない。最大パワーっていくらくらい人は出るの…

続きを読む

神秘

秘密というのは持っておくべきだ。いくらでもあってもいいし、それを隠しておくのも明かすのも、君本人次第だ。ただ、秘密にはルールが有る。現実でやってはいけない秘密なんて、隠している意味が無い。どんなことにも、決まり文句をつけておくのはいいことだ。「これはこれでいいのだ」とか「これはこうするといいのだ」とか、どうでもいものにもそういうことで適当につけてしまうと、なんだかカッコよくなる。人生とは、そうい…

続きを読む

破壊力

技術とか知識なんかよりも、圧倒的パワーと破壊力の一撃のほうが圧倒的に有利だ。そんな超攻撃に、時間をかけなければ倒せないのならば、絶対に不利でしかない。しかも、超パワータイプは絶対にその破壊力のためにその分を余裕で確保できる耐力を鍛えているものだ。アニメや漫画のように、簡単に勝てる相手ではない。どんなものにも勝てないくらいの輝きがあるのなら、その才能を伸ばすべきだ。誰にでもある才能も、もしかしたら…

続きを読む