正解

この世界に、正解というワードはない。正義も悪も、味方が違えば逆にもなる。どうやったって表裏一体でいいところもあれば悪いところもある。この世界は、白か黒かではない。白も黒もあるのである。この現代社会において。情報とは大事なものだ。情報社会というくらいだからそれはもう大事だ。それらを守る職業もあるし、それらを管理する職業もある。今の世の中とは、情報でできている。自分に従事るものを眷属という。その眷属…

続きを読む

気持ち

思いやる気持ち。それを持っていることで相手と理解し合えるとされている。それは本当なのだろうか?私的には真実だと思うし、理解できないのに会話も何もないと思う。相手を理解することで話したら言えない内容ややってはいけない行為がわかるのだから、逆に言えば悪影響のあることもできないことも理解できるのだ。常識と戦え。常に新しい世界があり、そして変化していく世界だ。そしてそしてまたまた繰り返すことだ。同じく成…

続きを読む

各地

世界各地を回る。それは新しい出会いがあるかもしれないし、新しい苦労があるかもしれない。でもそれが自分の知見を広げるのにはすごく有効なことだ。新しい世界で人は何を見るのか?人生には終りがある。どれだけ不死になっても、自己などで命を失う可能性は一生ある。その終わりになるまで生きることは重要だ。それだけ生きれば必ず誰かを救っているし、適当にやったことがなぜかその人を救っているのかもしれない。それくらい…

続きを読む

人間の価値

大きな枠組で言えば、人間は自然の中に存在する一種族である。だから動物たちは自分たちと同じ弱肉強食だと思い戦いに降りてくる。一方人間は私達のテリトリーには入るなと、動物たちを遠ざけようとする。人間はそんなに偉いものなのだろうか。鬼に金棒というが、鬼に金棒をもたせる時点でもう人間など勝てないのだろう。だからこそ強いものに対して絶対に真正面から戦ってはならないし、確実に潰されれば100%勝負にならなく…

続きを読む

緻密

計算とは緻密でなければならない。細かい計算と精密な頭脳は、どんな世界も渡り歩けるだろう。事実、計算能力は鍛えられるのだ。宇宙にも限界がある。宇宙とは常に拡大し続けているが、実質問題、拡大しているだけでどこかしら許容限界があるのだ。だからこそ、人間もそういう可能性を広げ続ける宇宙のような気持ちで生きてみたら、楽しいのではないだろうか?人は共存しなければ生きていけないが、それは人が必ずしも永続的に共…

続きを読む

分別

ゴミを分別するように、仕事とプライベートも分別しておくように使用。シゴトもプライベートもどちらも大事だが、分けておくことで唯一の時間の制御ができるとしたら、何倍も差がつく行為になるだろう。

続きを読む

ルール

社会には、ルールというものがある。そのルールを守れないと、人間は生きていけない。人間というものは共存なのだから、そのルールは護りたいものだ。愛しているというと、相手はどう思うだろう?好きならば「私も」と言ってくれるかもしれないが、嫌いならば絶対にそうは言わないだろう。愛とは相手がいて初めて認められる行為だ。絶対的に手の届かない世界がある。宇宙にはその価値がある。何もない世界だけど、そこにはなにか…

続きを読む

ボク

一人称をボクということ。もし、それが俺であっても、さして世界は変わらないだろう。そして、この世界が人が人をどう呼ぼうとも変わることはない。問題は、その人がその人をどう扱うかである。言葉は交渉手段である。そして、相手をどうするかは、決断することである。永遠につづく人生ではない。どこかで終了、どこかで限りがある。その人生を、送る方法を模索するのが、成長というものだ。個人的にあなたとはいっしょにいたい…

続きを読む

博識

なんでも知っている人間のことを博識と言うが、なんでも知っているからと言って人と話せるのではない。その知識によって、人と話せる幅が広がるのだ。知識とは、すべての人間の動作で必要不可欠な車で言えばガソリンのようなものなのだ。ケンカは止める必要がない。仲裁すればいいのだ。悪いことに対して何を言うのかは自由だし、ダメなことをダメで終わらせるよりも、相手とぶつかって解決してみたらいいのだ。その中で、何かが…

続きを読む

好み

人には好き嫌いがある。まったく好き嫌いがない人はいない。必ず人は好きなものが有り、そして嫌いなものがある。その好みで、人は趣味や生活を選ぶのだ。秘密というのは持っておくべきだ。いくらでもあってもいいし、それを隠しておくのも明かすのも、君本人次第だ。ただ、秘密にはルールが有る。現実でやってはいけない秘密なんて、隠している意味が無い。この現代社会において。情報とは大事なものだ。情報社会というくらいだ…

続きを読む

バトル

どんなことがっても、勝負を仕掛けてきたほうが負けやすい。これは相手が先手を打つのだから、攻め続けなければ当然手が一歩先で相手よりも先に動かなければいけない差なのだ。相手から攻めてきた場合、守りからいけるから相手の攻撃が一回失敗したら確実にこっちの番だ。戦いとは、手を出したほうが一番不利なのだ。なんでもそうだが、そのキャラをすることは大変ストレスが溜まることだ。いわゆるぶりっ子とかも、意外と相当な…

続きを読む

共存

どちらが強かろうが弱かろうが、それで決着がつこうがつかなかろうが一緒に生きていかなければいけないのが現実だ。誰よりも強くても別に特別扱いはなく、弱いものにはある程度の救済処置もあるほど平和なのだ。だからこそ、差別するのは良くない。何事も、平等に存在しているのだから、強さを否定する必要もなく、弱さを克服しないでいいわけでもないのだ。いつでも緊急事態を予測しておこう。そのために保存して置かなければい…

続きを読む

随時

行動や方法は、時間が経つ度常に移り変わる。其のときに行動しようと思っても、次の瞬間には意味がなくなる。何事も、思いつきは大事なのだ。人はだれかと出会って誰かと一緒にいるときもある。人というのは生きている以上、ある程度の意味で他人と同じ生き方をしている。空気を吸わないと生きていけないのも同じである。人は別に特別すぎるというわけでもない。だからこそ、どこかしらで個性がつくのかもしれない。金属などのア…

続きを読む

解答

物事には、簡潔に告げなければいけないような物事がある。たった一瞬の迷いでも意味がなく、その人に大変なことがあったときとか、誰かが何かしらの状態でまずかったりとか、そういう状況がある。人に対しての回答方法は、時と場合なのだ。何かに挑みたいと思うのなら、事前に準備してからの方が良い。別にそうしたからと言って得旦那に関わるわけでもないが、心構えに対する安定性は抜群に上がる。人は精神論でも強くなれるのだ…

続きを読む

スーパー

いつまでも全力で。時には叫びながら限界を超えるのもまたいいことだ。それくらいに「スーパー」にあふれるやる気があれば、どんな困難も大抵は乗り越えられるだろう。人が人生を営む上で、生活は最も大事な項目だ。衣食住というくらいに、住は大切なものである。人の暮らしは人それぞれ。千差万別あるが、人はそれぞれそして世の中と共存している。たまには遊びたい。たまには人と話したい。そんな環境で楽しくない仕事をしてい…

続きを読む

機敏

動きというのは徐々に徐々に計画的にスべきだ。どんな厳しい状況も、素晴らしいほどの計算に寄ってさらに跳躍力を増す。それによる、最大以上の能力は、己の限界をさらに超える力になるだろう。私が私である根源は何か。私が私として生きているからか?私が誰かに私として理解してもらっているからか?いや、違う。私がまだ生きているからだ。人間の世界には、「ある程度の質で状態を良くする」というテコ入れというものが存在す…

続きを読む

「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」

人工知能が完成して。機械が人間に近づく日が徐々に徐々に迫ってきた。機械と人間は仲良くなれるだろうか?この問題とは、機械が人間のことをどう思って過ごすかによって変わってくる。できれば、人間同士もなるべく寄り添えるようにして機械に素晴らしさを見せていきたいものだ。「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」 (続きを読む) 「ユルく語る室内野菜栽培。」 (続きを読む) 「実は動画をどうしようか…

続きを読む

対策

立ち向かい相手の強さに対策を打っておこう。その対策にはさらに対策が必要かもしれないが、まずは一つ練っておこう。それだけでも十分相手との差が縮まるはずだ。力の差というのは、案外脆いものだ。生きることに誠実であれば、必ず未来はある。卑怯なことに未来はない。だが、それだからこそ世界は安定しているのだ。一人称をボクということ。もし、それが俺であっても、さして世界は変わらないだろう。そして、この世界が人が…

続きを読む