知覚

本当に強いものと戦うとき。気づいた時には負けているなんてことがままある。これが本当に強いものと弱いものの力の差かと思うくらい確実な差である。相手のスピードに追いつけないのも理由ではあるが、最も大きな原因は、ただ単純にその人間の実力が圧倒的なのである。必要以外の者は最低限度にしたい。最低限度のほうが動くと気楽だし、さしてストレスなく過ごせるからだ。世ではミニマリストと言われる人が増えている。私はど…

続きを読む

後悔

その人生に後悔するだろうか?誰かが見たら恥だと思う人生を生きてはいないだろうか?人というのは誰よりも立派な人生を送りたいと思うようにできていて、絶対に認められるからこそ生きていることを自覚するものだ。人というのは、絶対に立派になりたくて、後悔する人生を送りそうになるものだ。いわゆる、ショートメッセージサービス。略して「SNS」だが、これは結構いいものだと思う。コミュニケーションツールが増えてきた…

続きを読む

性格

性格がいいことは得だ。別にそれで人生がどうにかなるわけではないだろうが、それで得することはあるだろう。人間、どうしても怠惰になって生きることをサボってしまいがちだが、それでも得することってのは人生において得なのだ。記事を書くには意味がある。有益な情報は他人が見ることでより一層有益になる。他人はそれを何に使うのだろう?生きている間に言われたことと同じように、いいことに使ってもらえればそれでいいのだ…

続きを読む

生き様

その人の生き様はその人の人生に由来する。その人の成長過程やその人の経験はともなれど、その人の力強い生き方は、その人の人生を経ていなければ今に至らない。人生を生きるとは、そうやって紡がれていくストーリーも、またいいものなのだ。頑固っていいじゃない。自分があるというか、真っ正直に物事に向き合っているっていうか。そういう頑固もまた、人柄なのだ。たまには遊びたい。たまには人と話したい。そんな環境で楽しく…

続きを読む

買い物

欲しいものを買うとき、ちょっと我慢できそうならば迷うべきだ。あと、友達とショップングへ行っても気分で余計なものを買ってしまわないようにするべきだ。それくらいに、人とはお金に甘いモノだ。好きなものも、いらなければ買っただけで終わってしまうのだ。夢なんて持つべきではない。というよりも、私的には夢を持つのはいいがその夢を叶えようとする努力の必要があるのかということだ。夢というのは努力せずして手に入れる…

続きを読む

活力

圧倒的に行動能力のある人間は、圧倒的に活力が違う。生きる気力、精神力、努力、力に変わる何もかもが桁違いに違う。人は生きる上で絶対に必要なものがある。それは、精神力という、力に変わるエネルギーだ。料理は調和だ。その料理にあった器、その料理にあった音楽がないと料理は完成しない。人に対しても調和が大事である。相手に合わせる重要性もそうだが、時には引っ張っていける強さも必要である。それこそが、調和である…

続きを読む

ぶりっ子

なんでもそうだが、そのキャラをすることは大変ストレスが溜まることだ。いわゆるぶりっ子とかも、意外と相当なほどモテたいっていうのがわかる。いわゆる心理学的にはかなり分かるものではあるが、バレないと意外と行けるのを見ているのも面白いものだ。適当に生きる人間には理由がある。そもそも適当に生きられないから人生難しいのだから、適当に生きるために努力をしていないのであればその人は生きてさえいないだろう。それ…

続きを読む

命とは

命というのは儚いものだ。生きている間はいいが、いなくなったら寂しくなる。それをブログに綴ることが、命の証明になるのなら、いくらでも新しい文化にしていこうじゃないか。この世界に絶対的な強さはあるのか?恐らくあるのかもしれないが、さして強いわけでもないだろう。どうにかすれば勝てるとかそういう意味ではなくて、どうにかすればなんとか共存は出来るのだろう。もし本当に誰かを守れないと思った時は、全力で暴走し…

続きを読む

後先を考える

記事を書くとき、常に記事の内容を考えなければ書けない。どこかで話にミスはないかずっと考えながら記事を書き続け、その記事がミスはないか見るとき、その記事の修正点を理解しておかないと内容があやふやになってしまう。どんなことも、「後先が大事」だ。人を助けるのに理由なんていらない。助けたいから助けるのだ。勝負というのは一期一会だ。戦って勝っても負けても次に会うときにはもうその相手は違う相手で勝敗は二度と…

続きを読む

抜群

どんな仕事でも物事でも、効果が抜群に発することがままある。その効果の原因を探ることは困難かもしれないが、そういうのが人の運であることは間違いないのだろう。そのラッキーパンチを、自分のものにした人間がいたら、絶対に誰よりも強いと思わないか?正義の味方なんて存在しない。正義というのは振りかざすものではなく、行使出来るだけだ。だからこそ、正義は存在できる。悪がない限りは正義はない。だからこそ、この世界…

続きを読む

価値

物の価値は人それぞれで違う。骨董品でも興味が無い人からしたら普通に食卓で出す皿として扱うほどになるだろう。人とは自分が主体だ。だからこそ、絶対的に儲ける方法はないし、絶対的に万人に受ける手段はないのだ。

続きを読む

別離

たとえ何があっても、人には別れがあるだろう。一生二人でいられる時間はなく、いずれ限界を人は向かえる。その限界までが人生だ。誰かと共存して仕事をするし、誰かがいないとお金の意味もない。そんな社会に、人は夢を描く。人間の体は細胞の集まりで出来ている。その細胞のようにして会社もできている。人の世界はなにかしらのことに一部になることが一番効率が良い。細胞とは、増えるだけ強くなれるのだから。その人生に後悔…

続きを読む

意味あるもの

人生に、意味があることってどんなことだと思う?就職すること?結婚すること?それとも生きていることそのものだったりする?うーん。私的に思うけど、別に意味があるものって人それぞれ違うものなのよ。例えば働きたくない人は働かないことはできないでしょ?例えば、ずーっと子供でいたいって言っても子供のままで生きられる人っていないでしょ?こういう問題なのよ。わがままをわがままでいていいはずもないって言われるの。…

続きを読む

裏切る

相手を裏切ることになんの問題がある?要は相手が信用のおけない相手ならばすぐさま切り捨てることなんてどうにでもなるだろう?そういうことだ。いい人いい人じゃないとかそういう理由で人は簡単に人を裏切る。それくらいに、友情や愛情とはもろいものだ。

続きを読む

一ミリ

作業には、一ミリのムダも許さない。時間の無駄だし人生の無駄だ。どんなに疲れても気合でなんとかなるっていうように、昔の人は言うけれど、私はそれはあっていると思う。気合というよりも精神力がないと行動ができないのと同じで、疲れていると家からも出たくなくなるのと同じことだ。それだけに、気合、精神力というのは大切なモノだということなのだ。その人の生き様はその人の人生に由来する。その人の成長過程やその人の経…

続きを読む

水というものは一箇所に固まるものだ。雨だって最終的には海に流れ着いて一つとなる。水は人と同じだ。流れに流れてどこかにたどり着き、最終的に何かと一緒になるものだ。優しい人間は好かれる。一番にそれでなれなくても、印象はずっと他人よりもいいだろう。それで一番になれるならもっといい。人には、優しさというものがある。まあ、ないひともいるっちゃいるかもしれないが、優しさは人に対しても優しくていいものだ。失敗…

続きを読む

新鮮

常に最新であれ。仕事も情報もプライベートも、常に新しくあれば、人は新鮮さを保てるのだ。料理は調和だ。その料理にあった器、その料理にあった音楽がないと料理は完成しない。人に対しても調和が大事である。相手に合わせる重要性もそうだが、時には引っ張っていける強さも必要である。それこそが、調和である。日本固有の文化とか、海外の固有文化とか、もの珍しいものにはかなり興味がある。こういう文化に触れることも多い…

続きを読む

商売

物を売って相手が買う。このシンプルな図式を人間は商売というものとして自分の金を儲ける価値として生業としている。これができるからこそ家族さえも支えられる。これがないといけないのだ。どんなに非情だろうと、それが儲けならばとやってしまう人さえもいるのだから、人の世とは金が主体なのだ。頑固っていいじゃない。自分があるというか、真っ正直に物事に向き合っているっていうか。そういう頑固もまた、人柄なのだ。いつ…

続きを読む

完全

パーフェクトなことなどない。完全無欠な人間などいないのと同じで、絶対に無敵な人間はいない。それは人だから当然だし、生き物だからこそ当然あって当たり前の力だ。人は不完全だから、前を向いて歩くことが出来るのだ。物事をする際、それが出来ると思うことが大事だ。可能であれば確実に成功するし、そのイメージが勝負を決める。出来ると思うのならば、絶対に成功することをイメージするべきだ。覚えれば覚えているだけいい…

続きを読む

眷属

自分に従事るものを眷属という。その眷属とは支配ではなく、真っ当な従属関係である。つまり、その人間を信じて付き合うことである。眷属というものは絶対的ではない。だからこそ、主従のよう主が強制的というわけではないのだ。いつでも緊急事態を予測しておこう。そのために保存して置かなければいけない耐力を温存し、絶対的勝負のときに全力以上を出せるよう備えておこう。そうすることで、人生はもっと豊かになる。人間どん…

続きを読む

機械

人工知能が完成して。機械が人間に近づく日が徐々に徐々に迫ってきた。機械と人間は仲良くなれるだろうか?この問題とは、機械が人間のことをどう思って過ごすかによって変わってくる。できれば、人間同士もなるべく寄り添えるようにして機械に素晴らしさを見せていきたいものだ。人生にある時間は限られている。その人の生きられる時間には限界があり、どれだけ抵抗しても寿命が来たら時間切れだ。いつまでもゆったりとはしてい…

続きを読む

精神論

どんなに疲れても気合でなんとかなるっていうように、昔の人は言うけれど、私はそれはあっていると思う。気合というよりも精神力がないと行動ができないのと同じで、疲れていると家からも出たくなくなるのと同じことだ。それだけに、気合、精神力というのは大切なモノだということなのだ。愛しているというと、相手はどう思うだろう?好きならば「私も」と言ってくれるかもしれないが、嫌いならば絶対にそうは言わないだろう。愛…

続きを読む

性善説と性悪説

正義と悪は共存している。その相性は非常によく、それが性善説と性悪説の差でよくわかる。どうやったって、相性が良いから考え方が違う関係性は一緒にいるだけで違う会話ができるから議論を永遠に続けられる。人というのは、数限りなく仲違いして共存している。料理は調和だ。その料理にあった器、その料理にあった音楽がないと料理は完成しない。人に対しても調和が大事である。相手に合わせる重要性もそうだが、時には引っ張っ…

続きを読む

物理

人が物理的に不可能と思うものを、証明するのは楽しそうだ。何かしらの意味や謎を解く探偵などは特に楽しそうな職業である。人の世界には、様々な謎がある。それらは人を魅了し、そして人を楽しませる。どんなことにも、決まり文句をつけておくのはいいことだ。「これはこれでいいのだ」とか「これはこうするといいのだ」とか、どうでもいものにもそういうことで適当につけてしまうと、なんだかカッコよくなる。人生とは、そうい…

続きを読む

未来

どんな未来が来ようとも、現在に生きている人間の殆どはまったく気にしていないだろう。むしろ、気にしていたら病気だって思われる。さらに、人生の殆どを未来につぎ込むのが人間だから、いちいち立ち止まっていられないのもあるのだろう。どちらにせよ、未来はとてつもないことであっても、現代では平和なのだ。四季が変わるのは日本特有だ。四季があるっていうのさえも日本ぐらいのものだ。この特性のある国はかなり有用だから…

続きを読む

「愛」

愛しているというと、相手はどう思うだろう?好きならば「私も」と言ってくれるかもしれないが、嫌いならば絶対にそうは言わないだろう。愛とは相手がいて初めて認められる行為だ。夢なんて持つべきではない。というよりも、私的には夢を持つのはいいがその夢を叶えようとする努力の必要があるのかということだ。夢というのは努力せずして手に入れることはできない。それと同じように、どんな物事も成功するには努力しなければな…

続きを読む

「えるも、ついに動画でミスる。」

事実、人っていうのは案外めんどくさがりなのだ。人には必ず一定の性分的なものがあって、その性分があっと的普遍性を生んで集団を形成しているのだ。その中で目立つものがいるとしたら、その普遍性から突拍子もない変わり方をした、人間たちなのだろう。「えるも、ついに動画でミスる。」 (続きを読む) 「もうあれだ。本当に限界だ。」 (続きを読む) 「動画撮り苦戦。」 (続きを読む) 「久しぶりの更新じゃないの?…

続きを読む

遊び

時には思いっきし遊ぶ。遊びは楽しいものだ。誰かと遊んだり、誰かと旅行に行ったり一人で旅行へ行ったり。遊びとは、楽しむものだ。その癒やしがないと、人間生きてはいけないのだ。正義と悪は共存している。その相性は非常によく、それが性善説と性悪説の差でよくわかる。どうやったって、相性が良いから考え方が違う関係性は一緒にいるだけで違う会話ができるから議論を永遠に続けられる。人というのは、数限りなく仲違いして…

続きを読む