太陽

太陽は絶対に次の日に登る。雲で覆われて見えなくても、絶対に太陽は地球に光を灯す。その光の大切さを、忘れてはいけないのだ。回復力は必要だ。どんなハードな仕事も回復力があればすぐに翌日にまた行動できる。だが、もしそういうことがなかったら。もちろん、回復できずにクオリティは落ちるだろう。常に常に最強である。勝つために遠慮せず、常に邁進すべきである。可能性はそれ以上に計算し、最大パワー以上の最大パワーを…

続きを読む

共存

どちらが強かろうが弱かろうが、それで決着がつこうがつかなかろうが一緒に生きていかなければいけないのが現実だ。誰よりも強くても別に特別扱いはなく、弱いものにはある程度の救済処置もあるほど平和なのだ。だからこそ、差別するのは良くない。何事も、平等に存在しているのだから、強さを否定する必要もなく、弱さを克服しないでいいわけでもないのだ。圧倒的戦力に圧倒的実力。圧倒的というだけで解決しない物事がある通り…

続きを読む

「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」

季節はよく流れるが、その季節っていうのは、流れているだけじゃない。毎回訪れる季節には、必ず変化があり必ず毎回違った景色を写す。それが、四季のある日本という国だ。「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」 (続きを読む) 「ユルく語る室内野菜栽培。」 (続きを読む) 「実は動画をどうしようかと思っている。」 (続きを読む) 「思いついたら吉日。」 (続きを読む)

続きを読む

決まり文句

どんなことにも、決まり文句をつけておくのはいいことだ。「これはこれでいいのだ」とか「これはこうするといいのだ」とか、どうでもいものにもそういうことで適当につけてしまうと、なんだかカッコよくなる。人生とは、そういう適当のつなぎ合わせだ。戦う覚悟があるか。上に立ち向かう気持ちは常にあるか?絶望というのは好奇心と同じだ。故に、戦えるかが勝負である。人はみな必ず順位をつけたがる。その行為において自分を高…

続きを読む