強さ

力を強調する必要はない。だが、その力で守れるものがあるのならば、守ったほうがいいのだろう。そして、その守れる力があるからこそ、守れるものもいるのかもしれない。戦っても戦っても特をしないのが戦いだ。これに得を求めてはならない。やればやるだけ無駄な犠牲は増えるのだから、戦いとは自分の誇りを誇示するための争いなのだ。物事を一個一個の駒だと思うと物事は簡単になる。いわゆるタスク処理と同じだが、駒はゲーム…

続きを読む

「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」

誰かの面倒を見る大切さは、世の中を良くするのに似ている。少しだけ誰かが力を貸せば人が助かることもあるし、少しだけ誰かが仕事をすればみんなで大きな力になることもある。人は必ず。共存しているのだから当然のことなのだが。「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」 (続きを読む) 「ユルく語る室内野菜栽培。」 (続きを読む) 「実は動画をどうしようかと思っている。」 (続きを読む) 「思いついた…

続きを読む

守っているものといえば、影のようなものに思える。常に一緒にいて、常に動いているときも友にいる。そんな影のような存在がいたら、どれだけ心強いだろうか?適当に生きる人間には理由がある。そもそも適当に生きられないから人生難しいのだから、適当に生きるために努力をしていないのであればその人は生きてさえいないだろう。それくらいに怠けるとか適当とか言えないものだ。人はそれくらいに真面目なのだ。例えば、超能力が…

続きを読む

真実

人にとって、真実とは案外どうでもいいものだ。それによって知識的に得をしたり、いい情報を得られたり、そういうことがその人にとってのいいことなのだ。人にとって、真実とはどうでもいいことなのだ。常に常に前を向いて向上する。そんな人間になりたいものだ。常に常に成長して、常に常に邁進するその姿は、見るものを魅了するだろう。もし、絶対に強いと思うのであれば、自分よりも強い相手に対して恐怖は感じるかどうか聞く…

続きを読む