解答

物事には、簡潔に告げなければいけないような物事がある。たった一瞬の迷いでも意味がなく、その人に大変なことがあったときとか、誰かが何かしらの状態でまずかったりとか、そういう状況がある。人に対しての回答方法は、時と場合なのだ。無理したって無茶したって、それは成功しないと永遠に意味のないものです。何年働いても意味がなければお金にはなりませんよね?ならば、何年働くよりも、無理をし続けるよりも、効率の良い…

続きを読む

別離

たとえ何があっても、人には別れがあるだろう。一生二人でいられる時間はなく、いずれ限界を人は向かえる。その限界までが人生だ。誰かと共存して仕事をするし、誰かがいないとお金の意味もない。そんな社会に、人は夢を描く。動きというのは徐々に徐々に計画的にスべきだ。どんな厳しい状況も、素晴らしいほどの計算に寄ってさらに跳躍力を増す。それによる、最大以上の能力は、己の限界をさらに超える力になるだろう。物事の意…

続きを読む

どんなときでもハキハキと。声は自分の心も他人の心も揺れ動かす。その強い気持ちが、さらに体を動かすのだ。武士道もいいけど、騎士道もいい。その道っていうのはどういうものも信念にあふれており、次から次へと生まれては人に影響して世の中に存在していく。どんな信念でもいい。その信念を貫くことは、カッコいい。人がどれだけ逃げてもダメだ。逃げても助けが来ないこともある。もしビジネスマンならば、絶対に助けてが来な…

続きを読む

時間

人生にある時間は限られている。その人の生きられる時間には限界があり、どれだけ抵抗しても寿命が来たら時間切れだ。いつまでもゆったりとはしていられないのだ。遊んでいる人は自由でしょ?それはそうよ。仕事では頑張らないといけないもの。遊んで暮らせるといいけども、ハメ外している時点で幸せがまだつかめないって思うもの。常に遊んでいられるのならば、何がしたいですか?遊ぶことが仕事だったら、楽しいですか?答えは…

続きを読む

「えるも、ついに動画でミスる。」

時間や場所。それぞれの特異体質で代る環境は、絶対に二度と戻ってくることはない。人の世界は一度そこで起こったが最後、二度と同じ環境はない。それが、この世界の絶対領域だ。「えるも、ついに動画でミスる。」 (続きを読む) 「もうあれだ。本当に限界だ。」 (続きを読む) 「動画撮り苦戦。」 (続きを読む) 「久しぶりの更新じゃないの?」 (続きを読む)

続きを読む

強さ

己の一撃の強さがどのくらいなのかを理解するといい。正直戦車も破壊できると思えることなど普通はないはずだ。なぜか俺は戦車も破壊できると理解できてしまった。強いと何が出来るのかわかるようになる。それがどのくらいのセーブした力で破壊できるのかすぐにわかるし、相手する必要が無いものにまで相手をしないでかかってきたら倒せばいいやで済ませている。圧倒的強さを持つと、意外と損なのだ。どんなことがっても、勝負を…

続きを読む