破壊力

技術とか知識なんかよりも、圧倒的パワーと破壊力の一撃のほうが圧倒的に有利だ。そんな超攻撃に、時間をかけなければ倒せないのならば、絶対に不利でしかない。しかも、超パワータイプは絶対にその破壊力のためにその分を余裕で確保できる耐力を鍛えているものだ。アニメや漫画のように、簡単に勝てる相手ではない。興味がある相手と興味が無い相手がいる。それがどういう相手だろうと興味があるなら相手をするが、興味が無いな…

続きを読む

意味不明

世の中、理解できないことはいくらでもある。勝てないほど強い人に、意味のないのに稼ぎになっている職業、勝てないはずのギャンブルだって、何故か勝っている人がいる。世の中ってのはそういうもんだ。わからないことにさえわかって勝っている人がいるものだ。例えば、超能力が使えるとして、あなたは使ってみたいだろうか?正直言えば、特殊な能力ならばそれだけに暴走を止める力が必要だ。だからこそ、力とは、制御しなければ…

続きを読む

「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」

最強の一撃か。最大の攻略法か。どっちでもいい、だが、どっちかが最強でなければ絶対に最強には勝てない。「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」 (続きを読む) 「ユルく語る室内野菜栽培。」 (続きを読む) 「実は動画をどうしようかと思っている。」 (続きを読む) 「思いついたら吉日。」 (続きを読む)

続きを読む

金言

様々な人々の金言があるが、その中でも支配者の金言は凄まじい。。まさに、その世界で命をかけていることが堂々と伝わってくるような、完全な発言ばかりだ。よもや、今の時代には必要がなくたって、こういうものは聞いておくべきだ。人がそれだけに知らないことを、命を張って時代を気づいた者達は、それを現代に伝えているのだから。その人に何かしたいと思う感情は、誰よりも素晴らしいものだ。それをかなえられる力があればな…

続きを読む

気持ち

思いやる気持ち。それを持っていることで相手と理解し合えるとされている。それは本当なのだろうか?私的には真実だと思うし、理解できないのに会話も何もないと思う。相手を理解することで話したら言えない内容ややってはいけない行為がわかるのだから、逆に言えば悪影響のあることもできないことも理解できるのだ。いくらでも進むべき道。本気で進み続け続ける。人生は前へ進むことだ。進まなければ幸せになれない。それが、人…

続きを読む

世間

一般常識というのは、最低限度持ち合わせておくものだ。最低限度持ち合わせれば人生恐くなくなる。それが持てないのはモラルを受け入れないということだ。モラルを持って最低限度行動することで自由が得られるのであれば、持ちたくなはないだろうか?思いやる気持ち。それを持っていることで相手と理解し合えるとされている。それは本当なのだろうか?私的には真実だと思うし、理解できないのに会話も何もないと思う。相手を理解…

続きを読む

冷静

いつでも冷静に計算する。人には理性では止められない勘定がある。だからこそ、いざという時も冷静になるべく慣れるように、気をつけておくべきだと思うのだ。人間の体は細胞の集まりで出来ている。その細胞のようにして会社もできている。人の世界はなにかしらのことに一部になることが一番効率が良い。細胞とは、増えるだけ強くなれるのだから。人は成長する。どのくらいという限界よりも、どこまでも成長しようとする。その努…

続きを読む

努力

努力は続けることに意味がある。その努力がなくなるとすぐに人は弱くなる。続けていくことは困難だけど、ずーっと続けていくことには成長という未来が待っている。頑張ることに意味はあると思うか?たとえそれができなくても、立ち上がる力になることくらいはあるのではないだろうか?ピンチの時に声援や応援があれば、少しくらいは力が湧くのではないだろうか?本当に相手と戦うとき、覚悟ができるのは、その人達の声があるから…

続きを読む

どこまでも

永遠につづく人生ではない。どこかで終了、どこかで限りがある。その人生を、送る方法を模索するのが、成長というものだ。その日少しでも前に勧めたという実感は、その人の未来を絶対的に明るくする理由になるだろう。前へ進むことが大事なのは、その未来に対して絶対的に大切なことを決めるのに必要だからだ。

続きを読む

宇宙

絶対的に手の届かない世界がある。宇宙にはその価値がある。何もない世界だけど、そこにはなにかがあるし、夢を求めてロケットを打ち上げる人もいる。その夢がある世界に、魅了されてみないだろうか。人は成長するが、伸び続けるのは至難の業だ。どうしても伸ばせる力には限界があるように感じるし、年をとると更年期もあってどんどん気力も落ちてくる。だが、それを乗り越えたら、少しだけ前進する気がしないだろうか?努力には…

続きを読む

強さ

己の一撃の強さがどのくらいなのかを理解するといい。正直戦車も破壊できると思えることなど普通はないはずだ。なぜか俺は戦車も破壊できると理解できてしまった。強いと何が出来るのかわかるようになる。それがどのくらいのセーブした力で破壊できるのかすぐにわかるし、相手する必要が無いものにまで相手をしないでかかってきたら倒せばいいやで済ませている。圧倒的強さを持つと、意外と損なのだ。常に新しくあり続けよう。そ…

続きを読む

正解

この世界に、正解というワードはない。正義も悪も、味方が違えば逆にもなる。どうやったって表裏一体でいいところもあれば悪いところもある。この世界は、白か黒かではない。白も黒もあるのである。常に時代は移り変わる。新しい時代には新しい現象、機器、道具がある。その新しい時代には新しい人間がおり、その時代のリーダーになる。そして、それが現代でもあるのだ。勝負というのは一期一会だ。戦って勝っても負けても次に会…

続きを読む

強さ

力を強調する必要はない。だが、その力で守れるものがあるのならば、守ったほうがいいのだろう。そして、その守れる力があるからこそ、守れるものもいるのかもしれない。守っているものといえば、影のようなものに思える。常に一緒にいて、常に動いているときも友にいる。そんな影のような存在がいたら、どれだけ心強いだろうか?パーフェクトなことなどない。完全無欠な人間などいないのと同じで、絶対に無敵な人間はいない。そ…

続きを読む

世界

世界一強い。そういうものには敵が多い。そうじゃないものには敵が少ないが、それが多いことで逆に困らないこともある。敵といるべきものなのだ。そもそもテコ入れをする必要があるのだろうか?なんににでも不完全はあるものだし、絶対に完成されたものはない。まあ、だからこそ、テコ入れの必要がある場合もあるのだろうが。季節はよく流れるが、その季節っていうのは、流れているだけじゃない。毎回訪れる季節には、必ず変化が…

続きを読む

感覚

どんな行動も、感覚が重要だ。どんな几帳面でも同じことは同じことに起こらず、常に新しいことが現在では起こっている。いつも同じなんてことはない。新しい行動が、新しい世界を生むのだ。

続きを読む

名言や格言

そもそもだ。私が格言を書くのにはまったく理由がない。なぜかというと、できるからやっているのだ。できないわけではないことをやるのが人間当然であって、できないことをできないでいるということもまた人間らしいといえば人間らしい。当然、普通にできることが仕事なのだから、仕方ないのだ。どんな作業においても、精密さは軍を抜いて必要になる。なぜなら、ハードにこなすにも丁寧にこなすにも、最低限度の精密さは維持しな…

続きを読む

スピード

料理はスピード。そう言われるのは昔からだ。なんにせよ。スピードは大事だ。相手に合わせるのにもスピードがないと追いつけないし、行動力もそうすると決めた時のスピードが勝負である。世界には二つある。自分の世界と、世の中の世界だ。人なんてさして重要でもない。この世界には人以外にもたくさんの生き物がいてそれらと人間は共存しているのだから特段変わったことでもない。人というのは意外と自分勝手だから、あまり必要…

続きを読む

切符

時にはぶらりと旅行する。そんな人生のひとときも悪くない。人の人生とは人それぞれだ。しかし、人は一時でも休まずに生きることはできないのだから、ゆっくり休息でもとるのはどうだろうか?いつまでも永遠に同じことをしていられるだろうか?人間とは、欲望よりも圧倒的なほどに、成長意欲というものが存在する。いつまでも同じことをしていられず、耐え続けることも本当に人格ができていないと石の上にも三年などいられないも…

続きを読む

粘ること

なんであってもがむしゃらに食らいつけ。戦っても戦っても負けても食らいつけ。それだけハングリーならば世の中誰でも認めざるをえない。それくらいに負けても食らいついて媚びへつらってでもしがみつけ。性別っていうのは、なにかしら意味があってつくものじゃあない。性別とは、その人が生まれるときにあるカテゴリー概念であり、その性別は別に人生に影響するわけでもないしそれが理由で挫折することはない。性別っていうのは…

続きを読む

圧倒的

圧倒的戦力に圧倒的実力。圧倒的というだけで解決しない物事がある通り、圧倒的に強い人間には太刀打ち出来る要素がない。圧倒的とは、本当に相手との差が埋まらないほどの力の差があるということだ。どんなピンチのときも、諦めるべきではない。戦いいや仕事には、絶対にピンチでも助かる方法はある。その戦いに、絶対に目を背けるべきではない。どんなに疲れても気合でなんとかなるっていうように、昔の人は言うけれど、私はそ…

続きを読む

性格

性格がいいことは得だ。別にそれで人生がどうにかなるわけではないだろうが、それで得することはあるだろう。人間、どうしても怠惰になって生きることをサボってしまいがちだが、それでも得することってのは人生において得なのだ。昨日一昨日。そうやってそういうものが積み重なって、その人生は作られる。人は生まれながらにして過去を持ち始める。そして生まれるまでにさえも、親の過去があって産まれる。人は自由ではないにし…

続きを読む

戦う

その事柄に対して戦うことは大切なことだ。大切なことは逃げることができないという意味でもある。戦い続けることに意味がないのと同じように、戦い続けることには絶対的な効果があるのだ。「楽しむ」とは、飽きが来ないことを言うのだ。それが今来ていることとも言える。飽きることなど人はかまわずそれらに没頭し、おしゃれやゲーム、漫画や映画と、それが楽しいからしているのだ。楽しくなければ人生じゃない。飽きが来ないよ…

続きを読む

暴走

もし本当に誰かを守れないと思った時は、全力で暴走してもいいと思え。その力が体の全リミッターを開放し、相手の力をなぎ倒せるかもしれない。まあ、そこまで鬼気迫った状況などないだろうが、絶対に守りたいのならば許せないことを許すべきではないだろう。物の価値は人それぞれで違う。骨董品でも興味が無い人からしたら普通に食卓で出す皿として扱うほどになるだろう。人とは自分が主体だ。だからこそ、絶対的に儲ける方法は…

続きを読む