ちぐはぐ

思いがすれ違うことがある。だが、そのスレ違いとは、相手を理解しなかった時だからこそ大きい。少し歩み寄りがずれただけで、人は相手との歩調がずれる。それこそが、本当のすれ違いだ。たとえ何があっても、人には別れがあるだろう。一生二人でいられる時間はなく、いずれ限界を人は向かえる。その限界までが人生だ。誰かと共存して仕事をするし、誰かがいないとお金の意味もない。そんな社会に、人は夢を描く。世界には二つあ…

続きを読む

機敏

動きというのは徐々に徐々に計画的にスべきだ。どんな厳しい状況も、素晴らしいほどの計算に寄ってさらに跳躍力を増す。それによる、最大以上の能力は、己の限界をさらに超える力になるだろう。物事をする際、それが出来ると思うことが大事だ。可能であれば確実に成功するし、そのイメージが勝負を決める。出来ると思うのならば、絶対に成功することをイメージするべきだ。一般常識というのは、最低限度持ち合わせておくものだ。…

続きを読む

知識

覚えれば覚えているだけいいものが知識。だが、それを使えば使うだけ嫌がられるのも知識。頭と武器は使いようなのだ。いわゆる、精神を集中させて力を練ることを、精神統一という。その精神統一には、リラックス効果というものもある。脳というのは人にとって考えを巡らせるための重要なツールだが、無心になりその物事だけに集中するには、邪魔なものなのだ。どんなことにも成果を求めよう。どんなことにも成果を求め、失敗はフ…

続きを読む

生命

人は必ず生まれてくる。その繰り返しが人間の未来を作ってきたのだが、今後の未来、人はどういう未来を作っていくのだろうか?昆虫や植物を育めるだろうか?人だけが一方的に生きる社会にならないだろうか?これからの世界が、希望に満ちた世界であってほしいと、切に思う。どれだけ強くても、圧倒的さにならないことは普通多い。同じ人間だから余計にそれはあるはずだから、相手が本当に圧倒的だったらもう戦えるようなものでは…

続きを読む

戦う

その事柄に対して戦うことは大切なことだ。大切なことは逃げることができないという意味でもある。戦い続けることに意味がないのと同じように、戦い続けることには絶対的な効果があるのだ。誰だって、行動することに恐怖を感じるものだ。だが、それでも咲きへ進みたいからと、進むものが強くなる。逃げていては何も解決しない。逃げるということは、未来をつくることを拒絶しているということだ。人間の性分は変えられない。生き…

続きを読む

性別

性別っていうのは、なにかしら意味があってつくものじゃあない。性別とは、その人が生まれるときにあるカテゴリー概念であり、その性別は別に人生に影響するわけでもないしそれが理由で挫折することはない。性別っていうのは、それがあるから困るわけではないのだ。

続きを読む

越える

誰よりも先に。親よりも家族よりも他人よりも先に。人生の先輩よりも人生よ後輩よりも先に。ずっとずっと更に先に。永遠に誰よりも強くなるのならば、一瞬たりとも立ち止まってはならないのだ。時間や場所。それぞれの特異体質で代る環境は、絶対に二度と戻ってくることはない。人の世界は一度そこで起こったが最後、二度と同じ環境はない。それが、この世界の絶対領域だ。世の中には、どうしても理由があって立場の弱い人がいる…

続きを読む

ビックリ

驚くことに体力を使うのか?人というのは、どんな動作にも筋肉が反応するため、どうしても体力を動作によって消耗してしまいます。まあそれくらいに、人というのはどんなことにあっても疲れる生物だということでしょう。規則とは守るものだ。永遠に守らなければならないのではなく、それらは進化していくものだ。永遠に変化しない規則やルールはなく、それがないことすなわち、進化しないということである。永遠に進化しないので…

続きを読む

「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」

事実、人っていうのは案外めんどくさがりなのだ。人には必ず一定の性分的なものがあって、その性分があっと的普遍性を生んで集団を形成しているのだ。その中で目立つものがいるとしたら、その普遍性から突拍子もない変わり方をした、人間たちなのだろう。「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」 (続きを読む) 「ユルく語る室内野菜栽培。」 (続きを読む) 「実は動画をどうしようかと思っている。」 (続き…

続きを読む