決まり文句

自分の設定に、「決まり文句」を付け加えてみたらどうだろうか。なにかにつけて語句を備え付けるとか、笑顔で決めるとか、そういうのはどうだろうか。何事も、締まりがいいのは受けがいいのだ。上には上がいる。その上にも上がいる。そうやって上に上がっても上がいるから、人生とは面白いのだ。金属などのアレルギーを同じように、人にもアレルギーはある。相手を接するだけで嫌だと思うこともあるし、その相手と接するだけで精…

続きを読む

眷属

自分に従事るものを眷属という。その眷属とは支配ではなく、真っ当な従属関係である。つまり、その人間を信じて付き合うことである。眷属というものは絶対的ではない。だからこそ、主従のよう主が強制的というわけではないのだ。なんであってもがむしゃらに食らいつけ。戦っても戦っても負けても食らいつけ。それだけハングリーならば世の中誰でも認めざるをえない。それくらいに負けても食らいついて媚びへつらってでもしがみつ…

続きを読む

各地

世界各地を回る。それは新しい出会いがあるかもしれないし、新しい苦労があるかもしれない。でもそれが自分の知見を広げるのにはすごく有効なことだ。新しい世界で人は何を見るのか?回復力は必要だ。どんなハードな仕事も回復力があればすぐに翌日にまた行動できる。だが、もしそういうことがなかったら。もちろん、回復できずにクオリティは落ちるだろう。

続きを読む

爆発力

どんな力も、最大パワーを出すと異常な領域の力になる。例え一瞬で力尽きる力でも、その一瞬が相手に当たればその威力は確実に相手を葬れるだろう。一瞬の爆発力。その甚大な威力だけは、絶対に避けなければならない。

続きを読む

機械

人工知能が完成して。機械が人間に近づく日が徐々に徐々に迫ってきた。機械と人間は仲良くなれるだろうか?この問題とは、機械が人間のことをどう思って過ごすかによって変わってくる。できれば、人間同士もなるべく寄り添えるようにして機械に素晴らしさを見せていきたいものだ。命というのは儚いものだ。生きている間はいいが、いなくなったら寂しくなる。それをブログに綴ることが、命の証明になるのなら、いくらでも新しい文…

続きを読む

気合

どんな行動も仕事も、気合だろ。どれだけ強くても精神が弱ければ戦えず、そして力がなければ精神も強くないのだ。心とは人間の中で一番弱く弱点にもなりやすい部分だ。本来の力を使うには、どうしても精神力がいるのだ。どんなピンチのときも、諦めるべきではない。戦いいや仕事には、絶対にピンチでも助かる方法はある。その戦いに、絶対に目を背けるべきではない。生きる目的は人それぞれだ。永遠にその目的を目指すこともある…

続きを読む

調和

料理は調和だ。その料理にあった器、その料理にあった音楽がないと料理は完成しない。人に対しても調和が大事である。相手に合わせる重要性もそうだが、時には引っ張っていける強さも必要である。それこそが、調和である。常に最新であれ。仕事も情報もプライベートも、常に新しくあれば、人は新鮮さを保てるのだ。人間には必ず未来がある。それはどんなものも同じだが、人間の未来は自分で作らなければ変わらないし、停滞すれば…

続きを読む

俺の信念。

まず、「適当であること」これがないとマジメにやりすぎて疲れてしまうじゃないか。次に、「真面目さは常にいらない」集中力とかそういうのは無限に続くものではない。だからこそ、一時的でいいからその真面目さを貫くときを常に持っておくことが重要。まあ、他にもあるのだが、こういう風に、自分だけしか持っていないような信念っていうのは使えるものだ。世界各地を回る。それは新しい出会いがあるかもしれないし、新しい苦労…

続きを読む

仕事

仕事とは洗練されていくものだ。その洗練されていく上で覚えるのが、「自分しか叶えられない仕事方法」だ。自分にしか叶えられないことを会得したら、一人前っていうのは私も常日頃から思っていることだ。動きというのは徐々に徐々に計画的にスべきだ。どんな厳しい状況も、素晴らしいほどの計算に寄ってさらに跳躍力を増す。それによる、最大以上の能力は、己の限界をさらに超える力になるだろう。なんとなくでいい。たったそれ…

続きを読む

精神統一

いわゆる、精神を集中させて力を練ることを、精神統一という。その精神統一には、リラックス効果というものもある。脳というのは人にとって考えを巡らせるための重要なツールだが、無心になりその物事だけに集中するには、邪魔なものなのだ。誰かの面倒を見る大切さは、世の中を良くするのに似ている。少しだけ誰かが力を貸せば人が助かることもあるし、少しだけ誰かが仕事をすればみんなで大きな力になることもある。人は必ず。…

続きを読む

上には上がいる。その上にも上がいる。そうやって上に上がっても上がいるから、人生とは面白いのだ。作業には、一ミリのムダも許さない。時間の無駄だし人生の無駄だ。人はだれかと出会って誰かと一緒にいるときもある。人というのは生きている以上、ある程度の意味で他人と同じ生き方をしている。空気を吸わないと生きていけないのも同じである。人は別に特別すぎるというわけでもない。だからこそ、どこかしらで個性がつくのか…

続きを読む

声色

他人に対してゴマをする。これを、卑怯なことと言うが、騙される方も悪いのだ。相手がそうやって擦り寄ってきても、相手しなければいいことだし、世の中そんなに甘くはないのだから、当人同士の問題で済めば誰も被害に合わないで済むはずだ。だから、そうやって楽しくいられればみんなが幸せだ。それが他人を巻き込むのであれば、絶対にただじゃすまないんじゃないだろうか。人は常に、誰かと楽しく生きたいものなのだから。昨日…

続きを読む

俺の信念。

まず、「適当であること」これがないとマジメにやりすぎて疲れてしまうじゃないか。次に、「真面目さは常にいらない」集中力とかそういうのは無限に続くものではない。だからこそ、一時的でいいからその真面目さを貫くときを常に持っておくことが重要。まあ、他にもあるのだが、こういう風に、自分だけしか持っていないような信念っていうのは使えるものだ。誰かと砂漠にしても誰かを貶めるにしても、絶対にそれが真実なのか確か…

続きを読む

助け

人がどれだけ逃げてもダメだ。逃げても助けが来ないこともある。もしビジネスマンならば、絶対に助けてが来ないことも考慮して行動し無くてはならない。それが、体を酷使して仕事をするということだ。どんな新しいパソコンを買っても、初期設定は絶対にするものだ。そんな機械の動作が、人間にもあってもいいのではないだろうか?人間にも最初からなんでも設定すればできるようになる機能が欲しいものだ。というより、あったほう…

続きを読む

生き続ける

人生には終りがある。どれだけ不死になっても、自己などで命を失う可能性は一生ある。その終わりになるまで生きることは重要だ。それだけ生きれば必ず誰かを救っているし、適当にやったことがなぜかその人を救っているのかもしれない。それくらいに生き続けることは、重要で更に便利なことなのだ。なんでもかんでも簡単に決めるな。でも、それでいいんじゃないの?ミュージシャンになりたいとか、そう思ってもなれないでしょ?じ…

続きを読む

精密さ

行動や仕事にも、精密さを求めるべきだ。いくらでも行動するには途中からの回復が必要だし、回復には休息が必要だ。必要以上はどこかしら、絶対的な行動の計算にて成り立つものだ。男の夢というのは、ロボットや機械とか、夢のあることをやることが多い。それは別に悪いことではないが、女にはわからないから美学なのだ。永遠の愛などない。どれだけ愛していても、かならず一度は限界が来る。人の愛情とは、一回終わっても復活す…

続きを読む

分不相応

己の力の無さに気づいた時、人は分不相応をわきまえなければならない。圧倒的に強いのかなんて関係がない。その力に見合った態度をし、その力に見合った行動をしなければならない。人の立場や行動範囲が変わるように、実力と立場に見合ったものも、変えていかなければならなのだ。どんなときでもハキハキと。声は自分の心も他人の心も揺れ動かす。その強い気持ちが、さらに体を動かすのだ。

続きを読む

SNS

いわゆる、ショートメッセージサービス。略して「SNS」だが、これは結構いいものだと思う。コミュニケーションツールが増えてきた今、老人でも普通にそういうツールで無料電話とかチャットを楽しむような文化になってきたのである。むしろ、そういうものに迎合することでいろんな人とのコミュニケーション方法が増えるのは願ったり叶ったりではないか。誰とでも無料で話せたり、誰とでもすぐに若者は知り合ってオフ会などに出…

続きを読む

VS

勝負というのは一期一会だ。戦って勝っても負けても次に会うときにはもうその相手は違う相手で勝敗は二度と取り戻せない。勝負とは絶対に決着がつく。次はない。絶対に。人間は必ず疲れる。人付き合いにも疲れてしまうし、話をするだけでも疲れてしまう。だが、それでも人はそれをする。理由は、それをすることが癒やされることでもあるからだ。集めたい。これが欲しくてたまらない。人にはそういう欲求と衝動がある。人は何かを…

続きを読む

満足

健康は管理しているか?体が満足行かなければなんの満足な行動もできない。人は満足の行く高度ができてこそ楽しみを得られる。それが、本当の満足である。力を強調する必要はない。だが、その力で守れるものがあるのならば、守ったほうがいいのだろう。そして、その守れる力があるからこそ、守れるものもいるのかもしれない。なんであってもがむしゃらに食らいつけ。戦っても戦っても負けても食らいつけ。それだけハングリーなら…

続きを読む