「もうあれだ。本当に限界だ。」

最強の一撃か。最大の攻略法か。どっちでもいい、だが、どっちかが最強でなければ絶対に最強には勝てない。「もうあれだ。本当に限界だ。」 (続きを読む) 「動画撮り苦戦。」 (続きを読む) 「久しぶりの更新じゃないの?」 (続きを読む) 「眠くてしょうがないの。」 (続きを読む)

続きを読む

ベース

私が私である根源は何か。私が私として生きているからか?私が誰かに私として理解してもらっているからか?いや、違う。私がまだ生きているからだ。私は、適当が好きだ。適当に生きて適当にふらついて適当に人生を進むのが好きだ。適当っていうのは楽しめなければいけない。適当に何をしても楽しくなくては適当ではいられない。・・・変わっているだろうか?絶対的に強い人間も、生まれた時は赤ん坊で、一番弱かっただろう。だが…

続きを読む

「もうあれだ。本当に限界だ。」

季節はよく流れるが、その季節っていうのは、流れているだけじゃない。毎回訪れる季節には、必ず変化があり必ず毎回違った景色を写す。それが、四季のある日本という国だ。「もうあれだ。本当に限界だ。」 (続きを読む) 「動画撮り苦戦。」 (続きを読む) 「久しぶりの更新じゃないの?」 (続きを読む) 「眠くてしょうがないの。」 (続きを読む)

続きを読む

確執

仲が悪い相手は誰にでもいる。だがその仲が悪い相手に対して、仲直りをするのかは本人たち次第だ。別に仲直りしなくていいのならば仲直りしなくていいのだ。人間はそんなによくできていないから、頑張らなくても別にいいのだ。圧倒的に強くても、圧倒的に勝てることはない。圧倒的というのは、それくらいに不完全なものだ。すぐにその力には対策が打たれるし、その力を使わせない方法を仕込まれるだろう。それくらいに、強くなっ…

続きを読む