個人的

個人的にあなたとはいっしょにいたい。例えば結婚したい相手と結婚したいと思う理由が、自分勝手じゃないといけないのと同じように、そうしたいと思っていなければ成功はしないはずだろう。その人個人は成功哲学があって行動しているとしても、その人個人はまったく気づかないで相手のやっている意味に気づかないことが多い。それくらいに、人なんて理解できることがないのも、人間関係の醍醐味だ。人は成長するが、伸び続けるの…

続きを読む

「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」

人間どんな時であっても、新しい物が手に入るとわかった時、いつでも子供のように若くなるものだ。その時の浮かれが人間一番心地よく嬉しく、とても楽しいものであると思える。それでいいのだ。無理しなくても大人にはなってしまうし、好きなモノを手に入れることくらい、楽しんでも良いではないか。「一つだけ言っておく。動画を諦めてはいないんだ。」 (続きを読む) 「ユルく語る室内野菜栽培。」 (続きを読む) 「実は…

続きを読む

圧倒的

圧倒的に強くても、圧倒的に勝てることはない。圧倒的というのは、それくらいに不完全なものだ。すぐにその力には対策が打たれるし、その力を使わせない方法を仕込まれるだろう。それくらいに、強くなっても休まることはないものだ。どんな困難にも立ち向かおう。どれだけ困難であっても、とりあえずやってみたらクリアできるかもしれないし、もしくはクリアできるどころか失敗しても、成果は少しはあるはずだ。絶対的に手の届か…

続きを読む

成長

人は成長する。どのくらいという限界よりも、どこまでも成長しようとする。その努力が推進力となって若さとなるが、人は停滞することも一つの成長だということを知らないものなのだ。行動や方法は、時間が経つ度常に移り変わる。其のときに行動しようと思っても、次の瞬間には意味がなくなる。何事も、思いつきは大事なのだ。武士道もいいけど、騎士道もいい。その道っていうのはどういうものも信念にあふれており、次から次へと…

続きを読む

適当

適当に生きる人間には理由がある。そもそも適当に生きられないから人生難しいのだから、適当に生きるために努力をしていないのであればその人は生きてさえいないだろう。それくらいに怠けるとか適当とか言えないものだ。人はそれくらいに真面目なのだ。名言とは思いつくものか?否、それはその人の生き様で出廬するものである。己の力だけで、他人に頼らずそれで食っていける技術を持つものを、プロという。人とはなにかしら真似…

続きを読む

文化

日本固有の文化とか、海外の固有文化とか、もの珍しいものにはかなり興味がある。こういう文化に触れることも多いブロガーの世界だから当然なのかもしれないが、こういう情報化社会というのも文化の一つではないだろうか。ならば、この文化を楽しみたいものだ。技術とか知識なんかよりも、圧倒的パワーと破壊力の一撃のほうが圧倒的に有利だ。そんな超攻撃に、時間をかけなければ倒せないのならば、絶対に不利でしかない。しかも…

続きを読む

雑学

知識を蓄えるのに意味はあるのか?これはコミュニケーション能力を鍛えるという意味ではとてつもなく重要だ。頭のいい大学生が知識や頭がいいから早口なのはこれが理由だ。普通の人間のスピードよりも圧倒的なほどの会話力なのである。よく、「頭のいいやつは話ができない」といわれるが、実際のところ、ただ単に知識の量が多く自分が強いと思ってしまっているので、コミュニケーションを鍛える必要が無いからそうなるのだ。むし…

続きを読む

スピード

料理はスピード。そう言われるのは昔からだ。なんにせよ。スピードは大事だ。相手に合わせるのにもスピードがないと追いつけないし、行動力もそうすると決めた時のスピードが勝負である。一人称をボクということ。もし、それが俺であっても、さして世界は変わらないだろう。そして、この世界が人が人をどう呼ぼうとも変わることはない。問題は、その人がその人をどう扱うかである。言葉は交渉手段である。そして、相手をどうする…

続きを読む

逃げる

勝てないのなら逃げてもいいんだ。絶対に勝てない相手にまで、勝負を挑む必要などない。逃げるが勝ち。そういう人生もあっていいじゃないか。「幸福」とか、「幸せになり福をもたらす」と書く。その意味とは、円満な家庭なのかもしれないし、宝くじのような大きいものにあたって一躍億万長者になることなのかもしれない。どちらにせよ。私の幸せは、家族とともに生きることだ。どんな物語にも完結はあるものだ。だからこそ、人間…

続きを読む

精神論

どんなに疲れても気合でなんとかなるっていうように、昔の人は言うけれど、私はそれはあっていると思う。気合というよりも精神力がないと行動ができないのと同じで、疲れていると家からも出たくなくなるのと同じことだ。それだけに、気合、精神力というのは大切なモノだということなのだ。夢なんて持つべきではない。というよりも、私的には夢を持つのはいいがその夢を叶えようとする努力の必要があるのかということだ。夢という…

続きを読む

新規

人間どんな時であっても、新しい物が手に入るとわかった時、いつでも子供のように若くなるものだ。その時の浮かれが人間一番心地よく嬉しく、とても楽しいものであると思える。それでいいのだ。無理しなくても大人にはなってしまうし、好きなモノを手に入れることくらい、楽しんでも良いではないか。適当に生きる人間には理由がある。そもそも適当に生きられないから人生難しいのだから、適当に生きるために努力をしていないので…

続きを読む

先日

昨日一昨日。そうやってそういうものが積み重なって、その人生は作られる。人は生まれながらにして過去を持ち始める。そして生まれるまでにさえも、親の過去があって産まれる。人は自由ではないにしろ、自由になるだけの人生が積み重なって形成されているのだ。己の力の無さに気づいた時、人は分不相応をわきまえなければならない。圧倒的に強いのかなんて関係がない。その力に見合った態度をし、その力に見合った行動をしなけれ…

続きを読む

圧倒的

圧倒的戦力に圧倒的実力。圧倒的というだけで解決しない物事がある通り、圧倒的に強い人間には太刀打ち出来る要素がない。圧倒的とは、本当に相手との差が埋まらないほどの力の差があるということだ。

続きを読む

切符

時にはぶらりと旅行する。そんな人生のひとときも悪くない。人の人生とは人それぞれだ。しかし、人は一時でも休まずに生きることはできないのだから、ゆっくり休息でもとるのはどうだろうか?この世界に絶対的な強さはあるのか?恐らくあるのかもしれないが、さして強いわけでもないだろう。どうにかすれば勝てるとかそういう意味ではなくて、どうにかすればなんとか共存は出来るのだろう。「幸福」とか、「幸せになり福をもたら…

続きを読む

「動画撮り苦戦。」

人にはやって、「いいこと」と「悪いこと」がある。それがわからないとやってはいけないことが理解できずに暗闇に足を突っ込んで落とし穴にハマることがある。悪いことは最初から極力減らして動かないといけないのだ。「動画撮り苦戦。」 (続きを読む) 「久しぶりの更新じゃないの?」 (続きを読む) 「眠くてしょうがないの。」 (続きを読む) 「久しぶりの更新じゃない?」 (続きを読む)

続きを読む

感覚

どんな行動も、感覚が重要だ。どんな几帳面でも同じことは同じことに起こらず、常に新しいことが現在では起こっている。いつも同じなんてことはない。新しい行動が、新しい世界を生むのだ。太陽は絶対に次の日に登る。雲で覆われて見えなくても、絶対に太陽は地球に光を灯す。その光の大切さを、忘れてはいけないのだ。ゴミを分別するように、仕事とプライベートも分別しておくように使用。シゴトもプライベートもどちらも大事だ…

続きを読む