完全

パーフェクトなことなどない。完全無欠な人間などいないのと同じで、絶対に無敵な人間はいない。それは人だから当然だし、生き物だからこそ当然あって当たり前の力だ。人は不完全だから、前を向いて歩くことが出来るのだ。他人に対してゴマをする。これを、卑怯なことと言うが、騙される方も悪いのだ。相手がそうやって擦り寄ってきても、相手しなければいいことだし、世の中そんなに甘くはないのだから、当人同士の問題で済めば…

続きを読む

活力

圧倒的に行動能力のある人間は、圧倒的に活力が違う。生きる気力、精神力、努力、力に変わる何もかもが桁違いに違う。人は生きる上で絶対に必要なものがある。それは、精神力という、力に変わるエネルギーだ。ストーリーや作品には、常に「最新作」が求められる。それはこの「ブロガー」の業界も同じで、常に最新の記事があることが読者様への作品提供になる。映画やコミックの世界のように、常に新しいブログであろう。どんなこ…

続きを読む

「実は動画をどうしようかと思っている。」

限界を超えてさらにその先の限界へ。限界を超えればその先にはまたその限界がある。限界というのは、超えてこそ人生だ。限界を超えろ。何度でも何度でも。「実は動画をどうしようかと思っている。」 (続きを読む) 「思いついたら吉日。」 (続きを読む) 「水分補給の大切さ。」 (続きを読む) 「室内で野菜、採れそうです。」 (続きを読む)

続きを読む

基地

男の夢というのは、ロボットや機械とか、夢のあることをやることが多い。それは別に悪いことではないが、女にはわからないから美学なのだ。これだけでいい。生きるのにこれだけでいいと思うようなことがあるだろうか?例えば無人島に流れ着いたらというと、人それぞれで必需品がちがうというけど、必需品にさえもある程度の許容条件がある。簡単に言うと、何もない世界に持っていけるものは、命と体しかないものだ。例えば、超能…

続きを読む

恐怖

誰だって、行動することに恐怖を感じるものだ。だが、それでも咲きへ進みたいからと、進むものが強くなる。逃げていては何も解決しない。逃げるということは、未来をつくることを拒絶しているということだ。

続きを読む

信じる

人を信じるならば。とことんまで相手を信じ抜くべきだろう?そのためには自分を信じてもらわなければならないし、自分を切り捨ててもいいとさえも言わなければいけないことなのかもしれない。人は人に信じてもらおうと努力する。それは人が自分のことを信用して欲しいのだから、永遠に変わらないことなのだろう。パーフェクトなことなどない。完全無欠な人間などいないのと同じで、絶対に無敵な人間はいない。それは人だから当然…

続きを読む

精神論

どんなに疲れても気合でなんとかなるっていうように、昔の人は言うけれど、私はそれはあっていると思う。気合というよりも精神力がないと行動ができないのと同じで、疲れていると家からも出たくなくなるのと同じことだ。それだけに、気合、精神力というのは大切なモノだということなのだ。世界各地を回る。それは新しい出会いがあるかもしれないし、新しい苦労があるかもしれない。でもそれが自分の知見を広げるのにはすごく有効…

続きを読む

抜群

どんな仕事でも物事でも、効果が抜群に発することがままある。その効果の原因を探ることは困難かもしれないが、そういうのが人の運であることは間違いないのだろう。そのラッキーパンチを、自分のものにした人間がいたら、絶対に誰よりも強いと思わないか?物事を一個一個の駒だと思うと物事は簡単になる。いわゆるタスク処理と同じだが、駒はゲームにおいて切り札にも使えるものだから大切にするべきだ。駒というのはなるべく持…

続きを読む

「実は動画をどうしようかと思っている。」

どちらが強かろうが弱かろうが、それで決着がつこうがつかなかろうが一緒に生きていかなければいけないのが現実だ。誰よりも強くても別に特別扱いはなく、弱いものにはある程度の救済処置もあるほど平和なのだ。だからこそ、差別するのは良くない。何事も、平等に存在しているのだから、強さを否定する必要もなく、弱さを克服しないでいいわけでもないのだ。「実は動画をどうしようかと思っている。」 (続きを読む) 「思いつ…

続きを読む