格好

カッコつけるな。そんなに立派な人間じゃないだろう。そう思えば思うほど、強さを誇ることがいかに困難か思い知らされる。だからこそ、カッコつけるのは本当に強くなってからだ。己の力の無さに気づいた時、人は分不相応をわきまえなければならない。圧倒的に強いのかなんて関係がない。その力に見合った態度をし、その力に見合った行動をしなければならない。人の立場や行動範囲が変わるように、実力と立場に見合ったものも、変…

続きを読む

不条理

まともに認められないことは悲しいものだ。認められることに何かを感じるよりも、認められることそのものが嬉しいと思うものだ。私はだから思うのだ。認めないことで相手に与えられる優しさがあるのではないだろうかと。己の力の無さに気づいた時、人は分不相応をわきまえなければならない。圧倒的に強いのかなんて関係がない。その力に見合った態度をし、その力に見合った行動をしなければならない。人の立場や行動範囲が変わる…

続きを読む

使える

使えるものは何でも使う。だが、使えないのならば迷わず捨てる。それくらいに人というのはシンプルになれる。シンプルになれないのならば、それはまだ二流なのだ。なんでもそうだが、そのキャラをすることは大変ストレスが溜まることだ。いわゆるぶりっ子とかも、意外と相当なほどモテたいっていうのがわかる。いわゆる心理学的にはかなり分かるものではあるが、バレないと意外と行けるのを見ているのも面白いものだ。料理はスピ…

続きを読む

スピード

行動はなるべく迅速に対処したほうが良い。それは仕事だけではなく、プライベートも全てだ。後回しで厄介なことになることだってあるからこそ、行動はすべてスピード勝負くらいでいいだろう。性別っていうのは、なにかしら意味があってつくものじゃあない。性別とは、その人が生まれるときにあるカテゴリー概念であり、その性別は別に人生に影響するわけでもないしそれが理由で挫折することはない。性別っていうのは、それがある…

続きを読む

楽しむ

「楽しむ」とは、飽きが来ないことを言うのだ。それが今来ていることとも言える。飽きることなど人はかまわずそれらに没頭し、おしゃれやゲーム、漫画や映画と、それが楽しいからしているのだ。楽しくなければ人生じゃない。飽きが来ないような趣味を、私も持ちたいものだ。行動や仕事にも、精密さを求めるべきだ。いくらでも行動するには途中からの回復が必要だし、回復には休息が必要だ。必要以上はどこかしら、絶対的な行動の…

続きを読む

分別

ゴミを分別するように、仕事とプライベートも分別しておくように使用。シゴトもプライベートもどちらも大事だが、分けておくことで唯一の時間の制御ができるとしたら、何倍も差がつく行為になるだろう。運も強さの一つだ。誰よりも運が良ければそれはその人の個性の一つだ。仕事なんて言うのは、運でもある。実力と計算、そして運だ。

続きを読む

特別

人生に特別なんてない。すべてが必然で、誰かの何かが原因となってその自体が起こっているはずだ。なにかが違えば、その環境にいる何かが特別強い影響があったのだろう。人は別に最強にならなくてもいいのだ。ただ、最高に素晴らしくなるか最高に強くなるのかだけは決めておいたほうがいい。どちらも最高だろうが、どちらも手に入れるのはひどく困難だからだ。本当に強いものと戦うとき。気づいた時には負けているなんてことがま…

続きを読む

回復

回復力は必要だ。どんなハードな仕事も回復力があればすぐに翌日にまた行動できる。だが、もしそういうことがなかったら。もちろん、回復できずにクオリティは落ちるだろう。

続きを読む

謙遜

相手になにか言われることがあって、相手に遠慮する必要はない。なにせそれはあっているのだから相手は言うのだ。だからこそ相手は絶対的に調子ののってもたいしてなんとも言えない。まさに、完全勝利だ。現代には過去がある。過去があるからみんな生きている。それがなければいないわけでもないだろうが、現代の社会の仕組みはその歴史のおかげて培われている。時代とは、人の現在の姿だ。生きとし生けるもの。この摂理に対して…

続きを読む

一般

一般人。広く言えば世間一般全てのことを指す。それは普通ということなのか波動として、普通ならば、普通に犯罪などはしないようにしないと、一般人を名乗れないのかもしれない。己の力の無さに気づいた時、人は分不相応をわきまえなければならない。圧倒的に強いのかなんて関係がない。その力に見合った態度をし、その力に見合った行動をしなければならない。人の立場や行動範囲が変わるように、実力と立場に見合ったものも、変…

続きを読む

破壊力

技術とか知識なんかよりも、圧倒的パワーと破壊力の一撃のほうが圧倒的に有利だ。そんな超攻撃に、時間をかけなければ倒せないのならば、絶対に不利でしかない。しかも、超パワータイプは絶対にその破壊力のためにその分を余裕で確保できる耐力を鍛えているものだ。アニメや漫画のように、簡単に勝てる相手ではない。どんな力も、最大パワーを出すと異常な領域の力になる。例え一瞬で力尽きる力でも、その一瞬が相手に当たればそ…

続きを読む

勝ち気

勝負において、常に勝つ気でいることは素晴らしいことだ。そしてそれにさらに、負けそうなときは逃げるということさえわかっていれば、大抵の人生の問題は解決できることだろう。つまり、何事も向上心と行動力でなんとかなるのである。物事には、簡潔に告げなければいけないような物事がある。たった一瞬の迷いでも意味がなく、その人に大変なことがあったときとか、誰かが何かしらの状態でまずかったりとか、そういう状況がある…

続きを読む

企画

例えば映像作品などで、企画を練っておくことは物事の進行において大変重要な意味を持つ。それと同じように、人間の人生にも企画性をもたせると面白いかもしれない。人生がエンターテイメント性に溢れたら、楽しそうだろう?

続きを読む

正解

この世界に、正解というワードはない。正義も悪も、味方が違えば逆にもなる。どうやったって表裏一体でいいところもあれば悪いところもある。この世界は、白か黒かではない。白も黒もあるのである。たとえ何があっても、人には別れがあるだろう。一生二人でいられる時間はなく、いずれ限界を人は向かえる。その限界までが人生だ。誰かと共存して仕事をするし、誰かがいないとお金の意味もない。そんな社会に、人は夢を描く。例え…

続きを読む

季節

季節はよく流れるが、その季節っていうのは、流れているだけじゃない。毎回訪れる季節には、必ず変化があり必ず毎回違った景色を写す。それが、四季のある日本という国だ。いつまでも永遠に同じことをしていられるだろうか?人間とは、欲望よりも圧倒的なほどに、成長意欲というものが存在する。いつまでも同じことをしていられず、耐え続けることも本当に人格ができていないと石の上にも三年などいられないものだ。頑張るという…

続きを読む

全力越え

最大パワーで戦って勝てないってことが、もしあるとして、どうやったら勝てるのだろうか?それは全力以上の力がないと勝てないのだから、それを出しきれるのかが勝負になるだろう。全力以上。限界を突破すれば体に想像以上の負担がかかる。それだけ無理をできなければ倒せない相手だからこそ、どうするか自分で考えるといいだろう。「一族の誇りを持て」とか、「家族の代表なんだから」とか、正直私の場合どうでもいいことなのだ…

続きを読む

どんなときでもハキハキと。声は自分の心も他人の心も揺れ動かす。その強い気持ちが、さらに体を動かすのだ。

続きを読む

気合

どんな行動も仕事も、気合だろ。どれだけ強くても精神が弱ければ戦えず、そして力がなければ精神も強くないのだ。心とは人間の中で一番弱く弱点にもなりやすい部分だ。本来の力を使うには、どうしても精神力がいるのだ。仕事も行動も、感覚勝負だろう。そこにピーンって感じがすると、とてつもなく気持ちがよく行動ができるもんだ。そして、成功するもんだ。人なんてもんは、そうやって生きていってもいいではないか。規則とは守…

続きを読む

目的

生きる目的は人それぞれだ。永遠にその目的を目指すこともあるし、目的を達成したらすぐに切り替えるものもいる。目的とはすなわち、達成するまで最高の存在だ。どんな未来が来ようとも、現在に生きている人間の殆どはまったく気にしていないだろう。むしろ、気にしていたら病気だって思われる。さらに、人生の殆どを未来につぎ込むのが人間だから、いちいち立ち止まっていられないのもあるのだろう。どちらにせよ、未来はとてつ…

続きを読む

スピード勝負

記事を書くのはスピード勝負だ。早くかけないと記憶が続かないし、思考回路を回すだけ記事の数は減る。アイデアとは思いつきだ。その一瞬のひらめきを忘れてはならないのだ。なんであってもがむしゃらに食らいつけ。戦っても戦っても負けても食らいつけ。それだけハングリーならば世の中誰でも認めざるをえない。それくらいに負けても食らいついて媚びへつらってでもしがみつけ。人生で成功している人を「勝ち組」っていうけど、…

続きを読む

助け

人がどれだけ逃げてもダメだ。逃げても助けが来ないこともある。もしビジネスマンならば、絶対に助けてが来ないことも考慮して行動し無くてはならない。それが、体を酷使して仕事をするということだ。ケンカは止める必要がない。仲裁すればいいのだ。悪いことに対して何を言うのかは自由だし、ダメなことをダメで終わらせるよりも、相手とぶつかって解決してみたらいいのだ。その中で、何かが生まれればそれでいいじゃないか。パ…

続きを読む

ヲタク

日本には、「ヲタク(オタク)」と呼ばれる文化的なものがある。オタクとは、日本固有の「アニメ」やら「ラノベ」やらを愛してやまない外国で言えば「GEEK」たちの総称で、日本ではそれを通じていろいろなつながりが海外ともできている。素晴らしいことじゃないか。それでいいのだ。日本の文化を広めてくれれば、必ず日本の資産になる。海外からはその文化がいいとされて、海外にもそういう文化を持ちたいという若者も増える…

続きを読む

意味不明

世の中、理解できないことはいくらでもある。勝てないほど強い人に、意味のないのに稼ぎになっている職業、勝てないはずのギャンブルだって、何故か勝っている人がいる。世の中ってのはそういうもんだ。わからないことにさえわかって勝っている人がいるものだ。どんなときでもハキハキと。声は自分の心も他人の心も揺れ動かす。その強い気持ちが、さらに体を動かすのだ。パーフェクトなことなどない。完全無欠な人間などいないの…

続きを読む

ふざける

遊んでいる人は自由でしょ?それはそうよ。仕事では頑張らないといけないもの。遊んで暮らせるといいけども、ハメ外している時点で幸せがまだつかめないって思うもの。常に遊んでいられるのならば、何がしたいですか?遊ぶことが仕事だったら、楽しいですか?答えは、「遊ぶことが仕事になったらストレスがないなんてことはないし、逆に、仕事が楽しみだったらいつでも毎日幸せでしかないはず。」ってことです。自分に従事るもの…

続きを読む

決まり文句

どんなことにも、決まり文句をつけておくのはいいことだ。「これはこれでいいのだ」とか「これはこうするといいのだ」とか、どうでもいものにもそういうことで適当につけてしまうと、なんだかカッコよくなる。人生とは、そういう適当のつなぎ合わせだ。世の中には、手に入るものと手にはいらないものがある。それは愛であれ友情であれ手にはいらないものは手にはいらない。だから絶対的な友情はないし信頼もない。人というのは、…

続きを読む

スーパー

いつまでも全力で。時には叫びながら限界を超えるのもまたいいことだ。それくらいに「スーパー」にあふれるやる気があれば、どんな困難も大抵は乗り越えられるだろう。様々な人々の金言があるが、その中でも支配者の金言は凄まじい。。まさに、その世界で命をかけていることが堂々と伝わってくるような、完全な発言ばかりだ。よもや、今の時代には必要がなくたって、こういうものは聞いておくべきだ。人がそれだけに知らないこと…

続きを読む

調和

料理は調和だ。その料理にあった器、その料理にあった音楽がないと料理は完成しない。人に対しても調和が大事である。相手に合わせる重要性もそうだが、時には引っ張っていける強さも必要である。それこそが、調和である。最強の一撃か。最大の攻略法か。どっちでもいい、だが、どっちかが最強でなければ絶対に最強には勝てない。時期が来ると、寒くなっていき、そして雪が降る。日本のそういう風景は、風情があっていいものだ。…

続きを読む

悪いこと

人にはやって、「いいこと」と「悪いこと」がある。それがわからないとやってはいけないことが理解できずに暗闇に足を突っ込んで落とし穴にハマることがある。悪いことは最初から極力減らして動かないといけないのだ。回復力は必要だ。どんなハードな仕事も回復力があればすぐに翌日にまた行動できる。だが、もしそういうことがなかったら。もちろん、回復できずにクオリティは落ちるだろう。なんとなくでいい。たったそれだけで…

続きを読む

規律

規則とは守るものだ。永遠に守らなければならないのではなく、それらは進化していくものだ。永遠に変化しない規則やルールはなく、それがないことすなわち、進化しないということである。永遠に進化しないのであれば、人間は成長しないだろう。

続きを読む

時間

人生にある時間は限られている。その人の生きられる時間には限界があり、どれだけ抵抗しても寿命が来たら時間切れだ。いつまでもゆったりとはしていられないのだ。季節はよく流れるが、その季節っていうのは、流れているだけじゃない。毎回訪れる季節には、必ず変化があり必ず毎回違った景色を写す。それが、四季のある日本という国だ。この世界に、正解というワードはない。正義も悪も、味方が違えば逆にもなる。どうやったって…

続きを読む

生物

世の中には、小さい微生物から、単細胞生物の菌類まで、様々な種族が共存している。そんな世界がとても好きだ。人間だけではなくいろいろな生物が共存し、そして共存することでお互いの世界が広がっていく。まるで商売のようで、素晴らしいじゃないか。己の力の無さに気づいた時、人は分不相応をわきまえなければならない。圧倒的に強いのかなんて関係がない。その力に見合った態度をし、その力に見合った行動をしなければならな…

続きを読む

スピード勝負

記事を書くのはスピード勝負だ。早くかけないと記憶が続かないし、思考回路を回すだけ記事の数は減る。アイデアとは思いつきだ。その一瞬のひらめきを忘れてはならないのだ。なんでもできるならば魔法でもあったら便利だと思わないか?だが、魔法なんてものは世の中を便利にするだけで、たいしてこの現代で使えてもさして意味が無いように思えないか?空を飛べたとして、ジェット機に巻き込まれるような気がする。それくらいに、…

続きを読む

「実は動画をどうしようかと思っている。」

圧倒的に強くても、圧倒的に勝てることはない。圧倒的というのは、それくらいに不完全なものだ。すぐにその力には対策が打たれるし、その力を使わせない方法を仕込まれるだろう。それくらいに、強くなっても休まることはないものだ。「実は動画をどうしようかと思っている。」 (続きを読む) 「思いついたら吉日。」 (続きを読む) 「水分補給の大切さ。」 (続きを読む) 「室内で野菜、採れそうです。」 (続きを読む…

続きを読む

努力

努力は続けることに意味がある。その努力がなくなるとすぐに人は弱くなる。続けていくことは困難だけど、ずーっと続けていくことには成長という未来が待っている。どんなものにも勝てないくらいの輝きがあるのなら、その才能を伸ばすべきだ。誰にでもある才能も、もしかしたら誰よりも強い能力かもしれないだろう?なんでもかんでも簡単に決めるな。でも、それでいいんじゃないの?ミュージシャンになりたいとか、そう思ってもな…

続きを読む