すっぱい

本当に意味があることなのかは別として、味覚というものには酸味を感じる機能があるのはわかるはずだ。それと同じように、しょっぱいや甘酸っぱいっていう感情もあるのは人間ならばわかるはずだ。人間っていうのは、意外と味覚と同じように脳も味を感じているのかもしれない。圧倒的戦力に圧倒的実力。圧倒的というだけで解決しない物事がある通り、圧倒的に強い人間には太刀打ち出来る要素がない。圧倒的とは、本当に相手との差…

続きを読む

細胞

人間の体は細胞の集まりで出来ている。その細胞のようにして会社もできている。人の世界はなにかしらのことに一部になることが一番効率が良い。細胞とは、増えるだけ強くなれるのだから。事実、人っていうのは案外めんどくさがりなのだ。人には必ず一定の性分的なものがあって、その性分があっと的普遍性を生んで集団を形成しているのだ。その中で目立つものがいるとしたら、その普遍性から突拍子もない変わり方をした、人間たち…

続きを読む

共存

どちらが強かろうが弱かろうが、それで決着がつこうがつかなかろうが一緒に生きていかなければいけないのが現実だ。誰よりも強くても別に特別扱いはなく、弱いものにはある程度の救済処置もあるほど平和なのだ。だからこそ、差別するのは良くない。何事も、平等に存在しているのだから、強さを否定する必要もなく、弱さを克服しないでいいわけでもないのだ。常に時代は移り変わる。新しい時代には新しい現象、機器、道具がある。…

続きを読む

精神統一

いわゆる、精神を集中させて力を練ることを、精神統一という。その精神統一には、リラックス効果というものもある。脳というのは人にとって考えを巡らせるための重要なツールだが、無心になりその物事だけに集中するには、邪魔なものなのだ。なんでもそうだが、そのキャラをすることは大変ストレスが溜まることだ。いわゆるぶりっ子とかも、意外と相当なほどモテたいっていうのがわかる。いわゆる心理学的にはかなり分かるもので…

続きを読む

最新

常に時代は移り変わる。新しい時代には新しい現象、機器、道具がある。その新しい時代には新しい人間がおり、その時代のリーダーになる。そして、それが現代でもあるのだ。どれだけ強くても、圧倒的さにならないことは普通多い。同じ人間だから余計にそれはあるはずだから、相手が本当に圧倒的だったらもう戦えるようなものではない。人外の生物と戦っているようなものだ。最新兵器を備えた機械に勝てないのと同じだ。どんな兵器…

続きを読む

「実は動画をどうしようかと思っている。」

人間には遺伝子にさえ決められた限界がある。別にそれ以上いけないわけではないが、通常の人間の生き方では限界が有るようだ。今では無限に生きる理論も確立されているらしい。それくらいに、人間は限界を超えるかどうかに興味が有るのだ。「実は動画をどうしようかと思っている。」 (続きを読む) 「思いついたら吉日。」 (続きを読む) 「水分補給の大切さ。」 (続きを読む) 「室内で野菜、採れそうです。」 (続き…

続きを読む

宇宙

宇宙にも限界がある。宇宙とは常に拡大し続けているが、実質問題、拡大しているだけでどこかしら許容限界があるのだ。だからこそ、人間もそういう可能性を広げ続ける宇宙のような気持ちで生きてみたら、楽しいのではないだろうか?作業には、一ミリのムダも許さない。時間の無駄だし人生の無駄だ。全力投球せよ。立ち向かい続けることで超えられる壁もある。越えられないのならばその壁に対して実力が足らないこともわかるのだか…

続きを読む

すっぱい

本当に意味があることなのかは別として、味覚というものには酸味を感じる機能があるのはわかるはずだ。それと同じように、しょっぱいや甘酸っぱいっていう感情もあるのは人間ならばわかるはずだ。人間っていうのは、意外と味覚と同じように脳も味を感じているのかもしれない。力を強調する必要はない。だが、その力で守れるものがあるのならば、守ったほうがいいのだろう。そして、その守れる力があるからこそ、守れるものもいる…

続きを読む

起死回生

どんなピンチのときも、諦めるべきではない。戦いいや仕事には、絶対にピンチでも助かる方法はある。その戦いに、絶対に目を背けるべきではない。時期が来ると、寒くなっていき、そして雪が降る。日本のそういう風景は、風情があっていいものだ。人もそういうものでいいのではないだろうか。ときどき落ち込むこともあるけど、楽しいこともある。その人に何かしたいと思う感情は、誰よりも素晴らしいものだ。それをかなえられる力…

続きを読む

解答

物事には、簡潔に告げなければいけないような物事がある。たった一瞬の迷いでも意味がなく、その人に大変なことがあったときとか、誰かが何かしらの状態でまずかったりとか、そういう状況がある。人に対しての回答方法は、時と場合なのだ。決めたことを守ることは大切だ。その日何をしようとか、その時どうするかとか、決めておくのもいいだろう。たとえそれが違う時だとしても、それは決めていることで他のことと考えればよいの…

続きを読む

「眠くてしょうがないの。」

己の一撃の強さがどのくらいなのかを理解するといい。正直戦車も破壊できると思えることなど普通はないはずだ。なぜか俺は戦車も破壊できると理解できてしまった。強いと何が出来るのかわかるようになる。それがどのくらいのセーブした力で破壊できるのかすぐにわかるし、相手する必要が無いものにまで相手をしないでかかってきたら倒せばいいやで済ませている。圧倒的強さを持つと、意外と損なのだ。「眠くてしょうがないの。」…

続きを読む