完結

どんな物語にも完結はあるものだ。だからこそ、人間の人生にも完結がある。永遠につづく人生はないのだから、その完結するストーリーを、人は盛り上げなければいけないのだ。常識と戦え。常に新しい世界があり、そして変化していく世界だ。そしてそしてまたまた繰り返すことだ。同じく成長してもその成長の差は経験した物事の差になる。それくらいに、人間とは新しいことに忠実であることを世の中で要求されるのだ。正義と悪は共…

続きを読む

名言

言葉には命があるというが、私の文章にも命がある。どんなものにも吹き込めるのは達人だが、私には文章にしか命を吹き込めないから達人ではないのかもしれない。だが、それでもいいのだ。コレでも結構年だし、っていっても30だけど、後輩もいるし結構知名度もある。だからこそ、年寄りでもそれだけは負ける気がしないのだ。物事には、簡潔に告げなければいけないような物事がある。たった一瞬の迷いでも意味がなく、その人に大…

続きを読む

興味

興味がある相手と興味が無い相手がいる。それがどういう相手だろうと興味があるなら相手をするが、興味が無いなら相手はできないだろう。それが相手と交えるということだ。拳で交える時も仕事で協力して交える時も、相手が相手してくれないと意味が無いのだ。遊んでいる人は自由でしょ?それはそうよ。仕事では頑張らないといけないもの。遊んで暮らせるといいけども、ハメ外している時点で幸せがまだつかめないって思うもの。常…

続きを読む

感覚

なんとなくでいい。たったそれだけで成功することもあれば失敗することもあるのだからさして問題ではない。つまり、普通と同じだからそれでもいいのだ。私が私である根源は何か。私が私として生きているからか?私が誰かに私として理解してもらっているからか?いや、違う。私がまだ生きているからだ。常に常に最強である。勝つために遠慮せず、常に邁進すべきである。可能性はそれ以上に計算し、最大パワー以上の最大パワーを常…

続きを読む

疲れる

人間は必ず疲れる。人付き合いにも疲れてしまうし、話をするだけでも疲れてしまう。だが、それでも人はそれをする。理由は、それをすることが癒やされることでもあるからだ。

続きを読む

動作

どんな新しいパソコンを買っても、初期設定は絶対にするものだ。そんな機械の動作が、人間にもあってもいいのではないだろうか?人間にも最初からなんでも設定すればできるようになる機能が欲しいものだ。というより、あったほうが便利だと思うんだけれど笑限界を超えてさらにその先の限界へ。限界を超えればその先にはまたその限界がある。限界というのは、超えてこそ人生だ。限界を超えろ。何度でも何度でも。いつまでも永遠に…

続きを読む

抜群

どんな仕事でも物事でも、効果が抜群に発することがままある。その効果の原因を探ることは困難かもしれないが、そういうのが人の運であることは間違いないのだろう。そのラッキーパンチを、自分のものにした人間がいたら、絶対に誰よりも強いと思わないか?力を強調する必要はない。だが、その力で守れるものがあるのならば、守ったほうがいいのだろう。そして、その守れる力があるからこそ、守れるものもいるのかもしれない。ど…

続きを読む

勝つ

人生に勝つことは必須だ。どんなに負け犬人生でも、何かしらに勝っていなければ絶対に大人になっていないはずだ。この世界は、勝たなければ前へ進めないのだ。最大パワーで戦って勝てないってことが、もしあるとして、どうやったら勝てるのだろうか?それは全力以上の力がないと勝てないのだから、それを出しきれるのかが勝負になるだろう。全力以上。限界を突破すれば体に想像以上の負担がかかる。それだけ無理をできなければ倒…

続きを読む

成果

どんなことにも成果を求めよう。どんなことにも成果を求め、失敗はフィードバックしよう。勝てることが勝利ならば、そのために努力しよう。どんな努力も、その成果の積み上げにより達成されるのだ。人は共存しなければ生きていけないが、それは人が必ずしも永続的に共存しなくてはいけないものではない。一回疲れたら休んでもいい。だが、この世界は必ず、共存なくして生きられないのだ。戦う覚悟があるか。上に立ち向かう気持ち…

続きを読む

楽しむ

楽しんで記事を書こう。今日は書けそうになかったら、休むのも手だ。ずっと同じことをしていても飽きるだけだから、趣味にでも没頭してスランプなんて脱却してしまったら楽しいではないか。決めたことを守ることは大切だ。その日何をしようとか、その時どうするかとか、決めておくのもいいだろう。たとえそれが違う時だとしても、それは決めていることで他のことと考えればよいのだからより一層効率的になるではないか。動きとい…

続きを読む

ベース

私が私である根源は何か。私が私として生きているからか?私が誰かに私として理解してもらっているからか?いや、違う。私がまだ生きているからだ。相手になにか言われることがあって、相手に遠慮する必要はない。なにせそれはあっているのだから相手は言うのだ。だからこそ相手は絶対的に調子ののってもたいしてなんとも言えない。まさに、完全勝利だ。人生で成功している人を「勝ち組」っていうけど、勝ち組の人ってただ成功し…

続きを読む

テコ入れ

そもそもテコ入れをする必要があるのだろうか?なんににでも不完全はあるものだし、絶対に完成されたものはない。まあ、だからこそ、テコ入れの必要がある場合もあるのだろうが。好きな人がいることは、強くなれるということだ。誰かを愛していれば強くなり、愛せないと強くなるには困難がつきまとう。人はだれかを愛さざるをえない。どんな状況でも、恨みや嫉妬よりも強い感情なのだ。時期が来ると、寒くなっていき、そして雪が…

続きを読む

水というものは一箇所に固まるものだ。雨だって最終的には海に流れ着いて一つとなる。水は人と同じだ。流れに流れてどこかにたどり着き、最終的に何かと一緒になるものだ。人は必ず生まれてくる。その繰り返しが人間の未来を作ってきたのだが、今後の未来、人はどういう未来を作っていくのだろうか?昆虫や植物を育めるだろうか?人だけが一方的に生きる社会にならないだろうか?これからの世界が、希望に満ちた世界であってほし…

続きを読む

回復

回復力は必要だ。どんなハードな仕事も回復力があればすぐに翌日にまた行動できる。だが、もしそういうことがなかったら。もちろん、回復できずにクオリティは落ちるだろう。他人に対してゴマをする。これを、卑怯なことと言うが、騙される方も悪いのだ。相手がそうやって擦り寄ってきても、相手しなければいいことだし、世の中そんなに甘くはないのだから、当人同士の問題で済めば誰も被害に合わないで済むはずだ。だから、そう…

続きを読む

可能性

生きるのならば、できるだけ可能性を突き詰めて生きていたいものだ。常に可能性というものはどの行動にもあって、常に生きている人間たちに存在し続けているものだ。この可能性、最終手まで読めれば、それはそれで最高である。常識と戦え。常に新しい世界があり、そして変化していく世界だ。そしてそしてまたまた繰り返すことだ。同じく成長してもその成長の差は経験した物事の差になる。それくらいに、人間とは新しいことに忠実…

続きを読む

事前に

何かに挑みたいと思うのなら、事前に準備してからの方が良い。別にそうしたからと言って得旦那に関わるわけでもないが、心構えに対する安定性は抜群に上がる。人は精神論でも強くなれるのだ。なんでもできるならば魔法でもあったら便利だと思わないか?だが、魔法なんてものは世の中を便利にするだけで、たいしてこの現代で使えてもさして意味が無いように思えないか?空を飛べたとして、ジェット機に巻き込まれるような気がする…

続きを読む

永遠

永遠の愛などない。どれだけ愛していても、かならず一度は限界が来る。人の愛情とは、一回終わっても復活するから継続できていくのである。人は人がいることがストレスになる生物だ。どれだけ一緒にいても、ストレスになるのだから、愛は終わっても繋いでいくものだ。昨日一昨日。そうやってそういうものが積み重なって、その人生は作られる。人は生まれながらにして過去を持ち始める。そして生まれるまでにさえも、親の過去があ…

続きを読む

弱くても

世の中には、どうしても理由があって立場の弱い人がいる。その人を見捨てることは人徳に反するし、絶対にある程度は救いたいと思うものだ。だからこそ、この世界にはなにかしらの手助けがあるのだから、そういうものに頼ってもらえると少しは楽に楽しく生きれると思うのだ。四季が変わるのは日本特有だ。四季があるっていうのさえも日本ぐらいのものだ。この特性のある国はかなり有用だから、これだけは守っていきたいものだ。昔…

続きを読む

成長

人は成長する。どのくらいという限界よりも、どこまでも成長しようとする。その努力が推進力となって若さとなるが、人は停滞することも一つの成長だということを知らないものなのだ。

続きを読む

逃げる

勝てないのなら逃げてもいいんだ。絶対に勝てない相手にまで、勝負を挑む必要などない。逃げるが勝ち。そういう人生もあっていいじゃないか。少しだけ力を加えられることを、「微弱」という。だが、そのちょっとの力をちょっとだけ推進力に毎日変えられれば大きな力となる。小さなことも、積み重ねで大きくなれるものなのだ。昔は公衆電話と自宅電話だった。それがガラケーになりスマホになりスマートウォッチになり、次々と時代…

続きを読む

順位

人はみな必ず順位をつけたがる。その行為において自分を高い位置だと認識したいのだと思われるが、それがどうかしたのだろうか?自分が成功すればそれでいいではないか。成功できれば必ず人間は相手を認めることになる。それでいいではないか。どんなときでもハキハキと。声は自分の心も他人の心も揺れ動かす。その強い気持ちが、さらに体を動かすのだ。行動や方法は、時間が経つ度常に移り変わる。其のときに行動しようと思って…

続きを読む

弱くても

世の中には、どうしても理由があって立場の弱い人がいる。その人を見捨てることは人徳に反するし、絶対にある程度は救いたいと思うものだ。だからこそ、この世界にはなにかしらの手助けがあるのだから、そういうものに頼ってもらえると少しは楽に楽しく生きれると思うのだ。常に常に最強である。勝つために遠慮せず、常に邁進すべきである。可能性はそれ以上に計算し、最大パワー以上の最大パワーを常に得ていくべきである。行動…

続きを読む

感覚

なんとなくでいい。たったそれだけで成功することもあれば失敗することもあるのだからさして問題ではない。つまり、普通と同じだからそれでもいいのだ。使えるものは利用しよう。人であれ物であれ、使えるものを使ってこその知恵だ。それをすることで楽はできる。努力が必要ならば、便利にしなければ成長できるだろう。ケンカは止める必要がない。仲裁すればいいのだ。悪いことに対して何を言うのかは自由だし、ダメなことをダメ…

続きを読む

ぶりっ子

なんでもそうだが、そのキャラをすることは大変ストレスが溜まることだ。いわゆるぶりっ子とかも、意外と相当なほどモテたいっていうのがわかる。いわゆる心理学的にはかなり分かるものではあるが、バレないと意外と行けるのを見ているのも面白いものだ。物事をする際、それが出来ると思うことが大事だ。可能であれば確実に成功するし、そのイメージが勝負を決める。出来ると思うのならば、絶対に成功することをイメージするべき…

続きを読む

意味不明

世の中、理解できないことはいくらでもある。勝てないほど強い人に、意味のないのに稼ぎになっている職業、勝てないはずのギャンブルだって、何故か勝っている人がいる。世の中ってのはそういうもんだ。わからないことにさえわかって勝っている人がいるものだ。金属などのアレルギーを同じように、人にもアレルギーはある。相手を接するだけで嫌だと思うこともあるし、その相手と接するだけで精神が折れることもある。嫌という感…

続きを読む

スピード

料理はスピード。そう言われるのは昔からだ。なんにせよ。スピードは大事だ。相手に合わせるのにもスピードがないと追いつけないし、行動力もそうすると決めた時のスピードが勝負である。

続きを読む

弱くても

世の中には、どうしても理由があって立場の弱い人がいる。その人を見捨てることは人徳に反するし、絶対にある程度は救いたいと思うものだ。だからこそ、この世界にはなにかしらの手助けがあるのだから、そういうものに頼ってもらえると少しは楽に楽しく生きれると思うのだ。世界各地を回る。それは新しい出会いがあるかもしれないし、新しい苦労があるかもしれない。でもそれが自分の知見を広げるのにはすごく有効なことだ。新し…

続きを読む

恐怖

誰だって、行動することに恐怖を感じるものだ。だが、それでも咲きへ進みたいからと、進むものが強くなる。逃げていては何も解決しない。逃げるということは、未来をつくることを拒絶しているということだ。いわゆる、ショートメッセージサービス。略して「SNS」だが、これは結構いいものだと思う。コミュニケーションツールが増えてきた今、老人でも普通にそういうツールで無料電話とかチャットを楽しむような文化になってき…

続きを読む

どこまでも

永遠につづく人生ではない。どこかで終了、どこかで限りがある。その人生を、送る方法を模索するのが、成長というものだ。個人的にあなたとはいっしょにいたい。例えば結婚したい相手と結婚したいと思う理由が、自分勝手じゃないといけないのと同じように、そうしたいと思っていなければ成功はしないはずだろう。その人個人は成功哲学があって行動しているとしても、その人個人はまったく気づかないで相手のやっている意味に気づ…

続きを読む

規律

規則とは守るものだ。永遠に守らなければならないのではなく、それらは進化していくものだ。永遠に変化しない規則やルールはなく、それがないことすなわち、進化しないということである。永遠に進化しないのであれば、人間は成長しないだろう。昔は公衆電話と自宅電話だった。それがガラケーになりスマホになりスマートウォッチになり、次々と時代によって変わってきたのが、「電話」というツールだ。そのように、人間も変わって…

続きを読む

ブログ

私にとってブログは資産だ。その資産が失われるのは非常に不愉快だし、それで生きているのだからそうなるもの仕方ない。でもだ。実際ブログは子孫に託せるし相続も出来るじゃあないか。そう思うと、その意味であれば、幸せなことである。まともに認められないことは悲しいものだ。認められることに何かを感じるよりも、認められることそのものが嬉しいと思うものだ。私はだから思うのだ。認めないことで相手に与えられる優しさが…

続きを読む

知覚

本当に強いものと戦うとき。気づいた時には負けているなんてことがままある。これが本当に強いものと弱いものの力の差かと思うくらい確実な差である。相手のスピードに追いつけないのも理由ではあるが、最も大きな原因は、ただ単純にその人間の実力が圧倒的なのである。世の中、理解できないことはいくらでもある。勝てないほど強い人に、意味のないのに稼ぎになっている職業、勝てないはずのギャンブルだって、何故か勝っている…

続きを読む

面倒

誰かの面倒を見る大切さは、世の中を良くするのに似ている。少しだけ誰かが力を貸せば人が助かることもあるし、少しだけ誰かが仕事をすればみんなで大きな力になることもある。人は必ず。共存しているのだから当然のことなのだが。

続きを読む

「なんちゅー暑さなの。」

運も強さの一つだ。誰よりも運が良ければそれはその人の個性の一つだ。仕事なんて言うのは、運でもある。実力と計算、そして運だ。「なんちゅー暑さなの。」 (続きを読む) 「さて。月曜日だ。」 (続きを読む) 「寝るか。」 (続きを読む) 「夏バテってのもあったのか?」 (続きを読む)

続きを読む