危険

もし、絶対に強いと思うのであれば、自分よりも強い相手に対して恐怖は感じるかどうか聞くと本物かどうか分かる。どうしても強くなると、相手に対して軽んじる発言をするようになり、勝てるとか思っていたら負けてしまうことがある。だが、本当に強い人間は、自分より強いものに対して絶対的恐怖心がある。100%でも勝てないと思ったことがあるか聞いた時、強い人間は、「ある」と即答できる。それくらいに、恐怖に打ち勝てな…

続きを読む

不条理

まともに認められないことは悲しいものだ。認められることに何かを感じるよりも、認められることそのものが嬉しいと思うものだ。私はだから思うのだ。認めないことで相手に与えられる優しさがあるのではないだろうかと。いわゆる、精神を集中させて力を練ることを、精神統一という。その精神統一には、リラックス効果というものもある。脳というのは人にとって考えを巡らせるための重要なツールだが、無心になりその物事だけに集…

続きを読む

使える

使えるものは何でも使う。だが、使えないのならば迷わず捨てる。それくらいに人というのはシンプルになれる。シンプルになれないのならば、それはまだ二流なのだ。

続きを読む

成果

どんなことにも成果を求めよう。どんなことにも成果を求め、失敗はフィードバックしよう。勝てることが勝利ならば、そのために努力しよう。どんな努力も、その成果の積み上げにより達成されるのだ。個人的にあなたとはいっしょにいたい。例えば結婚したい相手と結婚したいと思う理由が、自分勝手じゃないといけないのと同じように、そうしたいと思っていなければ成功はしないはずだろう。その人個人は成功哲学があって行動してい…

続きを読む

共存

どちらが強かろうが弱かろうが、それで決着がつこうがつかなかろうが一緒に生きていかなければいけないのが現実だ。誰よりも強くても別に特別扱いはなく、弱いものにはある程度の救済処置もあるほど平和なのだ。だからこそ、差別するのは良くない。何事も、平等に存在しているのだから、強さを否定する必要もなく、弱さを克服しないでいいわけでもないのだ。性別っていうのは、なにかしら意味があってつくものじゃあない。性別と…

続きを読む

正義

正義の味方なんて存在しない。正義というのは振りかざすものではなく、行使出来るだけだ。だからこそ、正義は存在できる。悪がない限りは正義はない。だからこそ、この世界は安定できる。どんな仕事でも物事でも、効果が抜群に発することがままある。その効果の原因を探ることは困難かもしれないが、そういうのが人の運であることは間違いないのだろう。そのラッキーパンチを、自分のものにした人間がいたら、絶対に誰よりも強い…

続きを読む

粘ること

なんであってもがむしゃらに食らいつけ。戦っても戦っても負けても食らいつけ。それだけハングリーならば世の中誰でも認めざるをえない。それくらいに負けても食らいついて媚びへつらってでもしがみつけ。時期が来ると、寒くなっていき、そして雪が降る。日本のそういう風景は、風情があっていいものだ。人もそういうものでいいのではないだろうか。ときどき落ち込むこともあるけど、楽しいこともある。物を売って相手が買う。こ…

続きを読む

必然性

人はだれかと出会って誰かと一緒にいるときもある。人というのは生きている以上、ある程度の意味で他人と同じ生き方をしている。空気を吸わないと生きていけないのも同じである。人は別に特別すぎるというわけでもない。だからこそ、どこかしらで個性がつくのかもしれない。美味しいものや完成度の高い美術品と見ると、思わず心が踊るものだ。そういう楽しい世界が美学っていうのはスゴくいい。美学っていうのは、その道を突き進…

続きを読む

人なんてさして重要でもない。この世界には人以外にもたくさんの生き物がいてそれらと人間は共存しているのだから特段変わったことでもない。人というのは意外と自分勝手だから、あまり必要のない人間関係なんて作る必要が無いのだ。物事をする際、それが出来ると思うことが大事だ。可能であれば確実に成功するし、そのイメージが勝負を決める。出来ると思うのならば、絶対に成功することをイメージするべきだ。いつでも冷静に計…

続きを読む

覚悟

戦う覚悟があるか。上に立ち向かう気持ちは常にあるか?絶望というのは好奇心と同じだ。故に、戦えるかが勝負である。大切なものはいつまでも大事にしたい。人の心もそうだ。裏切りたくないしかなえたいと思うものだ。夢も同じだ。そういう大切なものを、大事にしていきたいものだ。人生に特別なんてない。すべてが必然で、誰かの何かが原因となってその自体が起こっているはずだ。なにかが違えば、その環境にいる何かが特別強い…

続きを読む

裏切る

相手を裏切ることになんの問題がある?要は相手が信用のおけない相手ならばすぐさま切り捨てることなんてどうにでもなるだろう?そういうことだ。いい人いい人じゃないとかそういう理由で人は簡単に人を裏切る。それくらいに、友情や愛情とはもろいものだ。人生にある時間は限られている。その人の生きられる時間には限界があり、どれだけ抵抗しても寿命が来たら時間切れだ。いつまでもゆったりとはしていられないのだ。

続きを読む

精神統一

いわゆる、精神を集中させて力を練ることを、精神統一という。その精神統一には、リラックス効果というものもある。脳というのは人にとって考えを巡らせるための重要なツールだが、無心になりその物事だけに集中するには、邪魔なものなのだ。一般常識というのは、最低限度持ち合わせておくものだ。最低限度持ち合わせれば人生恐くなくなる。それが持てないのはモラルを受け入れないということだ。モラルを持って最低限度行動する…

続きを読む

生き続ける

人生には終りがある。どれだけ不死になっても、自己などで命を失う可能性は一生ある。その終わりになるまで生きることは重要だ。それだけ生きれば必ず誰かを救っているし、適当にやったことがなぜかその人を救っているのかもしれない。それくらいに生き続けることは、重要で更に便利なことなのだ。社会に出ると、必ず先輩がいるものだ。仕事先の先輩、元々学生だったのなら学校の先輩も必ずいる。その社会で学ぶことは学校よりも…

続きを読む

最強

人は別に最強にならなくてもいいのだ。ただ、最高に素晴らしくなるか最高に強くなるのかだけは決めておいたほうがいい。どちらも最高だろうが、どちらも手に入れるのはひどく困難だからだ。最強の一撃か。最大の攻略法か。どっちでもいい、だが、どっちかが最強でなければ絶対に最強には勝てない。ケンカは止める必要がない。仲裁すればいいのだ。悪いことに対して何を言うのかは自由だし、ダメなことをダメで終わらせるよりも、…

続きを読む

-(ハイフン)

何事も、中継ぎっていうのは大事だ。途中に何もないで受け渡されたら困るだろうし、その続きには必ず途中経過がないと困る。つなぐとは、そういうことである。誰かの面倒を見る大切さは、世の中を良くするのに似ている。少しだけ誰かが力を貸せば人が助かることもあるし、少しだけ誰かが仕事をすればみんなで大きな力になることもある。人は必ず。共存しているのだから当然のことなのだが。

続きを読む

一族

「一族の誇りを持て」とか、「家族の代表なんだから」とか、正直私の場合どうでもいいことなのだ。私は長男だが、その一家の代表として立派に生きたいとか、そういう情熱はまったくない。これからの家族をどうやって養うのか、くらいにしか考えていない。それくらいに、私は無難なのかもしれない。だが、このご時世、こういう家庭もいいではないか。時期が来ると、寒くなっていき、そして雪が降る。日本のそういう風景は、風情が…

続きを読む

真実

人にとって、真実とは案外どうでもいいものだ。それによって知識的に得をしたり、いい情報を得られたり、そういうことがその人にとってのいいことなのだ。人にとって、真実とはどうでもいいことなのだ。人と接するときに、自分のことをわかってもらおうとするべきではない。相手がそもそも貴方のことを好きかどうかは相手が決めることなのだ。行動や方法は、時間が経つ度常に移り変わる。其のときに行動しようと思っても、次の瞬…

続きを読む

利用

使えるものは利用しよう。人であれ物であれ、使えるものを使ってこその知恵だ。それをすることで楽はできる。努力が必要ならば、便利にしなければ成長できるだろう。たとえ何があっても、人には別れがあるだろう。一生二人でいられる時間はなく、いずれ限界を人は向かえる。その限界までが人生だ。誰かと共存して仕事をするし、誰かがいないとお金の意味もない。そんな社会に、人は夢を描く。社会に出ると、必ず先輩がいるものだ…

続きを読む

「なんちゅー暑さなの。」

生きる目的は人それぞれだ。永遠にその目的を目指すこともあるし、目的を達成したらすぐに切り替えるものもいる。目的とはすなわち、達成するまで最高の存在だ。「なんちゅー暑さなの。」 (続きを読む) 「さて。月曜日だ。」 (続きを読む) 「寝るか。」 (続きを読む) 「夏バテってのもあったのか?」 (続きを読む)

続きを読む

絶対的

この世界に絶対的な強さはあるのか?恐らくあるのかもしれないが、さして強いわけでもないだろう。どうにかすれば勝てるとかそういう意味ではなくて、どうにかすればなんとか共存は出来るのだろう。永遠の愛などない。どれだけ愛していても、かならず一度は限界が来る。人の愛情とは、一回終わっても復活するから継続できていくのである。人は人がいることがストレスになる生物だ。どれだけ一緒にいても、ストレスになるのだから…

続きを読む

金言

様々な人々の金言があるが、その中でも支配者の金言は凄まじい。。まさに、その世界で命をかけていることが堂々と伝わってくるような、完全な発言ばかりだ。よもや、今の時代には必要がなくたって、こういうものは聞いておくべきだ。人がそれだけに知らないことを、命を張って時代を気づいた者達は、それを現代に伝えているのだから。人間どんな時であっても、新しい物が手に入るとわかった時、いつでも子供のように若くなるもの…

続きを読む

目的

生きる目的は人それぞれだ。永遠にその目的を目指すこともあるし、目的を達成したらすぐに切り替えるものもいる。目的とはすなわち、達成するまで最高の存在だ。自分の殻を打ち破れ。例えそれが小さいものであっても大きなものであっても、現実にある概念を越えるのだ。壁を打ち破るというのは、そういうことによって世界が変わっていくことを言うのだ。常に新しくあり続けよう。そして、常に最新であろう。常に追い求めよう。そ…

続きを読む

圧倒的

圧倒的戦力に圧倒的実力。圧倒的というだけで解決しない物事がある通り、圧倒的に強い人間には太刀打ち出来る要素がない。圧倒的とは、本当に相手との差が埋まらないほどの力の差があるということだ。相手を裏切ることになんの問題がある?要は相手が信用のおけない相手ならばすぐさま切り捨てることなんてどうにでもなるだろう?そういうことだ。いい人いい人じゃないとかそういう理由で人は簡単に人を裏切る。それくらいに、友…

続きを読む

守っているものといえば、影のようなものに思える。常に一緒にいて、常に動いているときも友にいる。そんな影のような存在がいたら、どれだけ心強いだろうか?時間や場所。それぞれの特異体質で代る環境は、絶対に二度と戻ってくることはない。人の世界は一度そこで起こったが最後、二度と同じ環境はない。それが、この世界の絶対領域だ。勝てないのなら逃げてもいいんだ。絶対に勝てない相手にまで、勝負を挑む必要などない。逃…

続きを読む

戦っても戦っても特をしないのが戦いだ。これに得を求めてはならない。やればやるだけ無駄な犠牲は増えるのだから、戦いとは自分の誇りを誇示するための争いなのだ。いくらでも進むべき道。本気で進み続け続ける。人生は前へ進むことだ。進まなければ幸せになれない。それが、人が本気になる理由である。人がどれだけ逃げてもダメだ。逃げても助けが来ないこともある。もしビジネスマンならば、絶対に助けてが来ないことも考慮し…

続きを読む

「水分補給の大切さ。」

知識を蓄えるのに意味はあるのか?これはコミュニケーション能力を鍛えるという意味ではとてつもなく重要だ。頭のいい大学生が知識や頭がいいから早口なのはこれが理由だ。普通の人間のスピードよりも圧倒的なほどの会話力なのである。よく、「頭のいいやつは話ができない」といわれるが、実際のところ、ただ単に知識の量が多く自分が強いと思ってしまっているので、コミュニケーションを鍛える必要が無いからそうなるのだ。むし…

続きを読む

抜群

どんな仕事でも物事でも、効果が抜群に発することがままある。その効果の原因を探ることは困難かもしれないが、そういうのが人の運であることは間違いないのだろう。そのラッキーパンチを、自分のものにした人間がいたら、絶対に誰よりも強いと思わないか?人が楽するのは当然なのだ。人は人生をサボりたいものだし、どうしても怠惰に生きることが性分になってしまう。でも人はそれでも変わろうとする。それがまた、いいのだ。性…

続きを読む

興味

興味がある相手と興味が無い相手がいる。それがどういう相手だろうと興味があるなら相手をするが、興味が無いなら相手はできないだろう。それが相手と交えるということだ。拳で交える時も仕事で協力して交える時も、相手が相手してくれないと意味が無いのだ。大切なものはいつまでも大事にしたい。人の心もそうだ。裏切りたくないしかなえたいと思うものだ。夢も同じだ。そういう大切なものを、大事にしていきたいものだ。好きに…

続きを読む