愛と友情

世の中には、手に入るものと手にはいらないものがある。それは愛であれ友情であれ手にはいらないものは手にはいらない。だから絶対的な友情はないし信頼もない。人というのは、生きている間常に罪深いのだ。思いがすれ違うことがある。だが、そのスレ違いとは、相手を理解しなかった時だからこそ大きい。少し歩み寄りがずれただけで、人は相手との歩調がずれる。それこそが、本当のすれ違いだ。社会っていうのは、案外子供に厳し…

続きを読む

感覚

どんな行動も、感覚が重要だ。どんな几帳面でも同じことは同じことに起こらず、常に新しいことが現在では起こっている。いつも同じなんてことはない。新しい行動が、新しい世界を生むのだ。常識と戦え。常に新しい世界があり、そして変化していく世界だ。そしてそしてまたまた繰り返すことだ。同じく成長してもその成長の差は経験した物事の差になる。それくらいに、人間とは新しいことに忠実であることを世の中で要求されるのだ…

続きを読む

「疲れた時、寝るといい。」

物事には、簡潔に告げなければいけないような物事がある。たった一瞬の迷いでも意味がなく、その人に大変なことがあったときとか、誰かが何かしらの状態でまずかったりとか、そういう状況がある。人に対しての回答方法は、時と場合なのだ。「疲れた時、寝るといい。」 (続きを読む) 「えるも流、ストレスの抜き方。」 (続きを読む) 「デトックスってしてる?」 (続きを読む) 「梅雨?」 (続きを読む)

続きを読む