守っているものといえば、影のようなものに思える。常に一緒にいて、常に動いているときも友にいる。そんな影のような存在がいたら、どれだけ心強いだろうか?適当に生きる人間には理由がある。そもそも適当に生きられないから人生難しいのだから、適当に生きるために努力をしていないのであればその人は生きてさえいないだろう。それくらいに怠けるとか適当とか言えないものだ。人はそれくらいに真面目なのだ。例えば、超能力が…

続きを読む