強さ

力を強調する必要はない。だが、その力で守れるものがあるのならば、守ったほうがいいのだろう。そして、その守れる力があるからこそ、守れるものもいるのかもしれない。戦っても戦っても特をしないのが戦いだ。これに得を求めてはならない。やればやるだけ無駄な犠牲は増えるのだから、戦いとは自分の誇りを誇示するための争いなのだ。物事を一個一個の駒だと思うと物事は簡単になる。いわゆるタスク処理と同じだが、駒はゲーム…

続きを読む